英会話でグループレッスンをする3つのメリット【目的次第で効果大】

こんにちは!English24(イングリッシュ24)です。

英会話でグループレッスンを行うことには3つの大きなメリットがあります。英会話では一般的にはマンツーマンレッスンが有効ですが、このメリットを理解して活用できれば、特定の課題解決についてはかなり効果を発揮します。自分の目的と合わせて使い方を理解していきましょう。

💡この記事で分かること

・英会話でグループレッスンをする3つのメリット、他者の英会話と自分の客観視、文法などの講義形式の内容選択、仲間の存在

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

英会話でグループレッスンをする3つのメリット

英会話のグループレッスンには様々なメリットとデメリットがありますが、取り入れる場合には以下の3つのメリットを意識して活用するのがベターです。

 

・他者の英会話と客観視した自分
・文法などの講義形式の内容選択
・仲間の存在

 

基本的に英会話の練習ではマンツーマンレッスンのほうがメリットが大きいと言えますが、具体的にこの3つのどれかが明確な目の前の課題である場合には、グループレッスンを選択するのも1つの方法になります。

グループレッスンのメリットとデメリットは、マンツーマンレッスンのメリットとデメリットの裏返しになりますので、英会話のマンツーマンレッスンのメリットが分からない方は先にこちらの記事を読んでください。

 

 

それでは、あえてグループレッスンを選択するのが有効なパターンについて、3つのメリットを詳しく解説していきます。

 

他者の英会話と客観視した自分

英会話をとりあえずはじめてみて、その後しばらくしてどうしても英会話の目的や目標がイマイチ見えてこないという場合には、グループレッスンが1つの解決策となる場合があります。

他者の英会話に触れてその人たちの目的や目標を聞いてみたり、何かのトピックについて先生ではない人と意見を交わしてみる体験をすることで、自分の興味や方向性、英会話でどんな人とどういう風に関わりたいかを知ることができます。

人前でスピーチやプレゼンテーションをするのは日本人は慣れていない傾向にありますが、海外では小学校の頃からずっと、積極的に自分の考えや意見をみんなの前で発表する授業をたくさん行います。そうして自分意見を確立しながら、なぜ勉強するのかといったことを常々自分で発信することになります。

英会話でもグループレッスンをすると、例えば環境問題とか人種問題とか、国際的な課題について多国籍な人と意見を交わしたりすることが多くなります。そこで自分の意見を発信していかないと、自分が発言する機会がなくなることになりますので、グループレッスンでの英会話は他者と自分の意見を交わし、他者の英語にも触れるというのが大きなメリットになります。

このようにグループレッスンでは、特定の目標について深く集中的に練習するというよりは、英会話の幅を横に広げて多様なトピック、多様な英会話に触れることができます。

 

文法などの講義形式の内容選択

英会話の練習の前にインプットをしていく上で、単語などを自分で暗記することもあれば文法を自習することもあるでしょう。文法はまず第一に理解することが大事で、こういった知識を聞いて理解する項目の場合には、グループレッスンでも十分に効果があります

さらに言えば、横で生徒同士が分からないことを質問しあったり教えあったりすることでさらに理解は深まりますので、先生の話を単に受け身で聞くよりも自分が教える側に回るつもりで理解しようとすればなお良しです。

自分が誰かに文法などの内容を教える機会が生まれる可能性は、マンツーマンレッスンではほぼありません。グループレッスンであれば生徒同士で質問したり教えたりが頻繁にありえますし、仮に教えることがなかったとしても教えるつもりで勉強するやり方は、科学的にも実証された非常に効果のある方法なのでオススメです。

文法やリーディングの精読などでは、このグループレッスンのメリットは大きくなります。しかし発音のチェックやスピーキングの繰り返しといった訓練では、マンツーマンレッスンのほうが有利になりますので、この辺りは項目ごとの使い分けが大事になってきます。

このグループレッスンのメリットを含むやり方として、他にも動画レッスンを複数の生徒同士で一緒に見ながら教えあったり、同じ文法テキストをやっている友達同士で集まって一緒に自習することも似たような効果があると言えます。

英会話のマンツーマンレッスンと並行して、友達や家族と擬似的なグループレッスンの形を取るのも1つの方法ですので、試してみてください。

 

仲間の存在

グループレッスンの大きなメリットの1つに、一緒に勉強する仲間を作るということがあります。仲間がいることでモチベーションがアップし、結果として英会話の継続や成長につながる可能性があるのはとても大きなメリットです。

ただしこれはメリットでもありデメリットでもあります。仲間と一緒にサボることで、結果として英会話の目標達成から遠のくということも十分考えられます。なので、最初はどのような環境でどういう人がいるのか、様子を見ながらグループレッスンに参加できる形が望ましいです。

優秀な人たちの集まりで、参加することで自分のモチベーションがアップしやる気になる環境であれば、そのグループレッスンは非常に有効な英会話の場となります。一方で、レッスン後に遊びに行くとか、レッスンとは無関係な飲み会とか食事会がメインのサークルのような状況では、あまり有益とは言えません。

この意味では、目的や目標が明確で迷いがなく進んでいける状態の人はマンツーマンレッスンをしたほうが良いですが、まだ迷いがあったり英会話に対する自分のスタンスが決めきれていなかったりする場合には、やはり仲間の存在が重要になってくるでしょう。

英語学習の目的によってメリットやデメリットの受け止め方が変わってきますので、詳しく知りたい方はこちらの記事をぜひ参考にしてください。

 

 

仲間の存在は必ずしもグループレッスンだけのものではなく、単にプライベートで友達ができるということもあるでしょうし、他にも色々な可能性が考えられます。

オンラインの英会話においては、グループレッスンといってもオンラインのレッスンだけのつながりとなり、仲間作りのメリットとデメリットはあまり関係がなくなる、ということもありえますので、そこも1つ注意する点です。

オンライン英会話のメリットとデメリットも様々ありますので、詳しくはこちらのまとめ記事をご覧ください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

グループレッスンのメリットを理解して有効に使えば、マンツーマンレッスンでは難しい課題を解決することができます

基本的に英会話としてはマンツーマンレッスンの優位性が大きく、グループレッスンの文法学習といえば、ほぼ義務教育の学校と同じイメージになりますので、このあたりは自分の目的や目標が何かをよく考えて使い分けをしていきましょう。

それではまとめます。

 

英会話でグループレッスンをする3つのメリット

・他者の英会話と客観視した自分。話題の幅を横に広げて色々な人と意見を交わし、他者の英会話も聞いて幅広く固定化されない英会話に触れることができる。
・文法などの講義形式の内容選択。学習内容によってはグループレッスンでも何ら問題なく、むしろ生徒同士が質問しあい教え合う機会は、理解を助ける貴重なチャンスになる。
・仲間の存在。優秀な人の集まりで、参加することで自分のモチベーションがアップする環境では、自分の英会話の継続と成長の面で大きなメリットになる。

 

グループとマンツーマンのレッスン形式によるメリットデメリットは、理解できれば使い分けはしやすいと思います。英会話に限らず、他の何かを学習する場合でも応用できますので、ぜひ活用してください。

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン