オンライン英会話で同じ先生を指名する3つのメリットとデメリット

こんにちは!English24(イングリッシュ24)です。

オンライン英会話で同じ先生を指名していくと、先生との人間関係ができて様々なメリットやデメリットが発生します。基本は同じ先生のほうがメリットの恩恵が大きくなりますが、デメリットがある時は使い分けが重要になりますので、ポイントを解説します。

💡この記事で分かること

・オンライン英会話で同じ先生を指名することの3つのメリットとデメリットの捉え方、ポイント

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

オンライン英会話で同じ先生を指名する3つのメリットとデメリット

オンライン英会話で同じ先生を指名することには、いくつかのメリットデメリットがあります。メリットの裏返しがデメリットとなり、捉え方によっては同じ内容がメリットでもありデメリットでもあることになりますが、考えられる大きなポイントは以下の3項目になります。

 

・成長性と新規性
・気心が知れた人と初対面の人
・心理学的な生徒への期待と信頼

 

この3つのポイントと、生徒の今の英語レベルや目的・目標の設定などによって、オンライン英会話で同じ先生を指名することが様々な影響につながります。それでは詳しく解説していきます。

 

オンライン英会話での成長性と新規性

オンライン英会話で同じ先生を指名していると、目的や目標を共有して継続的に学習を進めることができるので、成長しやすくなります

英語の学習はどうしてもある程度長期的になっていきますので、1つの1つのレッスンに関連性や連続性を持たせるには、自分で管理することも不可能ではありませんが、同じ先生とレッスンをすることで自動的に継続的なレッスンにしていくことができます。

一方で、ずっと同じ先生とレッスンを続けていると、新しいことが少なくってしまい、マンネリ化したり、ダラけてモチベーションが下がってくる可能性もあります。先生が変わることで、同じレッスンで新しい視点に出会い、見方が変わることで同じような内容がまったく違って見えることがあり、これがモチベーションを回復させます。

この意味においては、オンライン英会話の初期段階では、先生をあまり固定せず色々な英語に触れながら、自分の目的や目標を探っていくのが1つの方法です。こうすることで新しい発見や出会いを増やすことができます。

目的や目標がある程度固まってきたら、なるべく同じ先生と一緒に、集中的に発音をスピーキングを練習し、一定の成果が出るまでは固定の先生に見てもらうのが有効になります。

この練習のための期間はそこそこ長いのが普通なので、一般的にはこの練習期間を指して、同じ先生を指名してレッスンするほうが良いと言われています。成果が出て次のステージに行く時や、レッスンに変化をつけて気分を変え、新たな目標設定などで心機一転したい時には、先生を固定しないのも1つの方法です。

このように自分の状況に合わせて、いったん目標が決まったら集中的に3ヶ月くらいレッスンをしてみる、といったやり方がオススメです。

 

気心が知れた人と初対面の人

オンライン英会話で同じ先生を指名することで、毎回同じような自己紹介をしたり、自分の好きなものや住んでいる場所など、同じようなトピックを何回も話すということを避けることができます。

また人間関係が出来上がった人との会話は初対面の人の会話と違うのが普通ですので、気心の知れた人間関係ができた先生というのは貴重であり、そういった中で色々なトピックについて練習していくのは、同じ先生を指名することで得られる大きなメリットになります。

一方で、実際の英会話では仕事でもプライベートでも、初めて行った場所やお店、新規のお客様など、初対面の人と話す機会がかなり多いのも事実です。初対面での英会話には定番のものが多く、繰り返しの練習が必要になりますが、同じ先生と何回も同じ練習をしていると、精神的に疲れてきてしまいます。

このような時には先生を変えながら練習することで、ある特定のシチュエーションでの決まった形の英会話が新鮮になり、同じ内容の繰り返しの練習が続けやすくなります。

初心者の段階では挨拶や自己紹介でも大変と感じる可能性がありますので、その時点で色々な話題を取り扱っても、スピーキングの練習としては効果が薄いです。ある程度扱える英語の範囲が広がるまでは、同じような英語の繰り返しをして慣れていくのが大事なステップで、挨拶や自己紹介はもちろん、質問したり受け答えしたりといったことがそこそこできるまでは、しばらく内容を先に進めずに色々な先生と同じ内容の練習をしてみるのが有効です。

 

心理学的な生徒への期待と信頼

オンライン英会話で同じ先生を指名する非常に大きなポイントとして、心理学的には先生からの期待がかかるというものがあります。

これは心理学的に実験された結果に基づくものですが、比較的成績の悪い生徒や、世間一般に落ちこぼれと呼ばれるような生徒に対して、どのような教育をすれば学力を上げることができるのかという研究の結果、最も有効だったのは先生が生徒に期待することである、という結果が出ているのです。

あなたはやればできるという期待は、もちろん初対面の先生であっても言葉としては発することが可能ですが、長期的にレッスンを受け持っている人でないとただ言っているだけになりかねません。

なるべく多くのレッスンを同じ先生で行った時に、その先生からの期待と信頼を得るような関係ができれば、実はこれが成績を具体的に向上させるのは間違いありません。せっかくオンライン英会話で同じ先生を指名するのであれば、このような気持ちが持てるような関係性になれると良いでしょう。

事務的なレッスンの進行だけではなく、生徒へ期待をかけるというのは先生としての教育における情熱の証でもあり、ある種先生にとって必要な素養なのかもしれません。

一方で先生も人間なので、先生に注目されやすい生徒のタイプというのも存在します。先生にとっての、オンライン英会話のお気に入りの生徒になる具体的な行動については、こちらの記事にまとめていますのでぜひ読んでみてください。

 

 

また先生に関するより具体的な話として、オンライン英会話でフィリピン人講師がオススメな理由についてはこちらにまとめています。セブ島在住5年の筆者の独自視点の記事なのでぜひご覧ください。

 

 

最後に、オンライン英会話のメリットとデメリットは、先生と生徒の関係性だけでありませんので、さらに詳しいポイントについてはこちらの記事のまとめを参考にしてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1つの方法が常にベストということはないので、オンライン英会話では基本的には先生を固定したほうが良いですが、要所要所で変化をつけるには別の先生とのレッスンにチャレンジしてみることも大事です。バランスよく使い分けできるように、自分の状況に合わせていきましょう。

それではまとめます。

 

オンライン英会話で同じ先生を指名する3つのメリットとデメリット

・オンライン英会話で継続的なレッスンを行い成長していけるのが大きなメリット。新しいことが少なくマンネリ化してモチベーションが下がる可能性はある。
・気心が知れた人と様々なトピックを深く話せるというメリットがある。初対面の人との特定のシチュエーションの練習で、定型文の会話を繰り返し行う場合は疲れてしまう可能性がある。
・先生からの期待と信頼によって、生徒の成績が具体的に上がる。同じ先生を指名してレッスンをしていく中で、このような期待と信頼のある関係性ができる。

 

同じ先生とオンライン英会話でレッスンをしていくことで、単純に仲良くなって継続しやすくなるということもあります。またかなり英語ができる人になると、あえて毎回バラバラの先生で腕試しをしながらという人もいますので、このあたりは状況を柔軟に捉えていくのがオススメです。

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン