英語学習でブレイクスルーはいつ起こる?【統計的な予兆まとめ】

こんにちは!English24(イングリッシュ24)です。

英語学習がどの程度進んでいるのか、いつブレイクスルーが起きるのかは可視化されていないため、成長の実感が難しいです。そのため、せっかく積み上げてきたものを途中で諦めてしまうケースになるともったいないので、なるべく自覚できるように、完全なブレイクスルーの前にどういう予兆があるのかについて、統計や体験談をもとに解説します。

💡この記事で分かること

・統計的な英語学習のブレイクスルーまでの目安
・英語学習のブレイクスルーが起きる前の予兆となるもの

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

英語学習でブレイクスルーはいつ起こる?

英語学習を続けていて、もう少し勉強すれば確実にブレイクスルーが起きると分かるとしたら、その直前で諦めるということはまずないでしょう。

いつブレイクスルーが起きるかというタイミングが可視化されておらず、英語学習を何時間やれば必ず起きるということでもないので、途中までやってみたけど諦めてしまうというケースがあります。

まず英語学習のブレイクスルーとは何かですが、これはほとんど成長が感じられない状態から急激に英語ができるようになったと感じる瞬間のことです。英語学習の成長曲線がこのような変化をすることについて、詳しい流れはこちらの記事にまとめでいますのでご覧ください。

 

 

英語学習の1つの問題として、このブレイクスルーがいつ起きるのかが分からないことがあります。何かブレイクスルーが近いことが分かるポイントはあるのでしょうか?確定ではありませんが、筆者の経験から英語ができるブレイクスルーの感覚を体験したことがある生徒さんに共通して起こるものをご紹介します。

 

・洋楽や洋画の音声がはっきり聞こえる
・流暢にかなり長い時間英語を話せる
・英語の夢を見る

 

英語学習が成果となって、英語が一気にできると感じる瞬間の前には、総じてこのようなことに類似する何かが徐々に起きてきます。なので他にも色々ありますが、これらを1つの指標として、自分の成果を確認してみると良いでしょう。

これらの指標は、本人があまり自覚していないことも多いです。しかし、統計的に調べてみると、振り返って考えた時によくよく思い起こせば、こういったことが確かにあったという人が多いです。

時間的な指標で言えば、一般にブレイクスルーは、英検2級レベルの方で500時間程度の会話練習をした頃に起こると言われているようです。そうなる前の兆候として、これらの現象は300〜400時間程度の会話練習をしていく中で起こるようです。

あと少しで英語学習のブレイクスルーに到達する状態なのに、実感が持てずに諦めてしまわないように、それぞれの感覚をどのように自覚すれば良いのかを解説していきます。

 

洋楽や洋画の音声がはっきり聞こえる

これは、英語学習とは別で普段から洋楽を聞いたり、洋画を英語字幕などで観たりしている人であれば、漠然とした違和感に気づきます。なので、これをブレイクスルーの1つの指標として活かすために、何かしら英語学習とは別でこのようなエンタメコンテンツに英語で触れておくのがオススメです。

実際の生徒さんで、以前より明らかに洋楽の音や歌詞がはっきり聞こえるようになったり、前に観てもさっぱり分からなかった洋画の内容が、見直してみたらそこそこ分かるようになった、という方はたくさんいます。

音に関していえば100〜200時間程度で変化を感じる人が多く、留学で言えば3ヶ月以上で学習時間が300時間を超えてくると、この傾向はより顕著になります。

ブレイクスルーまで英語学習を諦めないための1つの指標として、とりあえず現時点で洋楽がどう聞こえるか、洋画を観てどの程度分かるかを、あまりかまえすぎずに楽しみながらやってみて、今の状態を何となく覚えておくのは1つの方法です。

洋楽や洋画を自分の趣味の1つにできるかどうかは好みもあると思いますが、英語学習でのビフォーアフターをなんらかの形で自分の記憶に留めたり、記録をとっておくのも1つの方法になります。

 

流暢にかなり長い時間英語を話せる

これは、レッスンを第3者として見るとはっきり分かるのですが、英語学習をしている本人が自覚するのが難しい指標です。自分の英語のスピーキング力を客観的に見る必要があるので、方法としては英語学習の記録を動画でとっておくのがオススメです。

統計的には、スピーキングの変化は留学で3ヶ月〜半年くらいで顕著になってくるので、時間数で言うと300時間以上が過ぎた頃に変化が見えてきます。いわゆる自動化が進んだ英語のフレーズが増えてきて、以前より明らかに流暢に話せる英語が増えています。

これを英語学習のブレイクスルーまで諦めないための指標として使うために、レッスン動画のデータはぜひとっておきましょう。レッスン動画のデータは単純に復習に活用することもでき、自分のビフォーアフターの確認もできるので非常に有用です

英語学習を始める時は誰しも初心者なので、あまり上手くない英会話をしている自分を映像で残すことは、少し心理的ハードルが高いかもしれません。ですが、ほとんど話せない頃の自分のスピーキング動画を残しておくと、そこからどれくらいレベルアップしたかを明確に確認できますので、動画はぜひ活用してほしいと思います。

具体的な英語学習のブレイクスルーの予兆の目安としては、1時間くらいの英語オンリーでのやりとりをストレスなく流暢にできるかどうか、という基準で考えましょう。語彙や文法のレベルは、個々人の初期レベルによって到達点は変わると思いますが、1時間くらい英語で話すことがほとんど問題なくなる状態は、かなり成長を実感できるはずです。

 

英語の夢を見る

これは、ブレイクスルーの予兆として非常に体験談が多い指標です。筆者は実際の生徒さんから多数、英語で夢を見ましたという話を聞いています。そして英語の夢を見た時期を境目に、急激に英会話が伸びていくのを何度も確認してきました。

夢についての統計データを分析した資料の中で、外国語を流暢にできるようになった人が、そうなる少し前からその言語で夢を見るようになったという統計データがあります。外国語で夢をみるタイミングは大体300時間の学習をした前後のようで、一般的な留学のブレイクスルーの体感と一致します。

ちなみに筆者自身も英語の夢を見始めた時期はあります。英語の夢は一見怪しいように感じますが、英語のブレイクスルーとの相関はかなり強いと考えられます。

この指標は、本人がダイレクトに分かることなので、英語学習のブレイクスルー前の指標として十分に使えます。英語の夢をみたんだよねー、という話は何気なくしている人がいますが、おそらくそれはあと一歩で大幅に英語力が伸びるぞ、という捉え方で考えて良いでしょう。

必死で英語学手をしていると、英語が夢に出てきてうなされたように感じる方もいるようですが、英語の夢を見た時はかなり学習が進んでいる証として、ポジティブに捉えて良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語学習の進捗状況を可視化するのは難しいところで、本当に楽しい英会話まであと一歩なのに諦めてしまうという、非常にもったいない状況も十分起こりえます。ブレイクスルー前は、以前よりは明らかに英語に変化が出ますが、本人が自覚してないことは多いので参考にしてください。

講師や他の第3者のフィードバック、または動画での確認などは成長を実感する良い手段です。今回ご紹介した中では、英語の夢というのは自覚しやすく、実際にたくさんある事例なので、これも1つの参考に考えましょう。

それではまとめます。

 

英語のブレイクスルーはいつ起きるのか?

統計的には、英検2級レベルで500時間の会話練習が目安と言われる。

 

英語のブレイクスルーの予兆

・洋楽や洋画の音声がはっきり聞こえる。比較できるように、何か特定の洋楽や洋画を学習対象にしておくと良い。
・1時間程度の英会話をストレスなく流暢にできる。レッスンの動画などを保存して、前後の比較ができると良い。
・英語の夢をみる。もし以前との比較ができない人でも、体験者が多く明らかな変化の予兆として実感できる。

 

英語学習のブレイクスルーが起きるまでは一定の時間がかかり、それまでは成長の実感が難しいものですので、これらの指標も少しだけ意識してみましょう。

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン