【初心者向け】オススメ!簡単なオンライン英会話のひと工夫

こんにちは!あなたの今すぐをかなえるイングリッシュ24です。

オンライン英会話のレッスンで成果をあげるために、損をしないための工夫の仕方が知りたい方はこの記事を読んで下さい。簡単に誰でも、今日からできる英会話学習のひと工夫についてご紹介します。3つご紹介しますので、どれが使えるか考えても良いと思いますし、3つ全部でもすぐに実行できるものばかりです。

💡この記事で分かること

・オンライン英会話のテキストについての工夫
・単語を暗記する時の工夫
・学習そのもので捨てない方が良い工夫のポイント

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

【目的】オンライン英会話には工夫が必要?

結論、オンライン英会話サービスを利用して英会話学習をする時には、漫然とやるよりも何かしら工夫をしたほうが良いです。ただ単にレッスンを受けていてもなかなか成果が出ないことがありますので、せっかくやるからには何かしらの結果につながっていくように、いくつかのポイントをおさえて工夫を取り入れてみましょう。

今回は特に、さほど労力やコストをかけずに、ほとんど同じようなことをやっているのに成果に違いが出てくる工夫のポイントを3つご紹介します。

 

・テキスト選びのひと工夫
・単語の暗記でひと工夫
・学習方法のひと工夫

 

この3つです。それぞれ詳しく解説していきます。

 

テキスト選びのひと工夫

初心者の方がオンライン英会話を利用して英語学習をする場合、テキスト選びは工夫したほうが良いポイントになります。レベルに合ったものをというのはもちろんですが、プラスアルファで2つのポイントを解説します。

 

・レベルに合ったものを使う
・薄くてボリュームの少ないものを使う
・同じテキストを何周もして極める

 

よく言われていることだと思いますが、レベルに合ったテキストを使いましょう。何をもってレベルにあっていると判断するかというと、それは学習目的によります。

もし音読やシャドーイング、リスニングやスピーキングの教材として使うのであれば、そのテキストに出てくる単語や文法はすでに分かっている状態が望ましいです。逆に、分からない単語が多く、文法的に意味を理解するのも難しいテキストであれば、それはかなりの予習が必要で、それについて会話をするというのは大分先のステップになってしまいます。

もし学習目的がインプットであればまだ良いですが、インプットをする場合には何を学習するかを明確にしたほうが良いので、雑多に分からない単語が出てくるようなテキストはレベルがあっていないことになります。

インプット目的の時は、単語帳を使うなり文法書を使うなりで項目別に処理したほうが良いです。なので、レベルにあっているテキストとは、出てくる単語がほとんど知っている単語で、読んで意味を理解すること自体は難しくないもの、ということになります。このようなテキストが、オンライン英会話で会話練習を行うには適しています。

残りのポイントですが、とにかく薄いテキストでボリューム的には少ないものを使い、繰り返し練習して完全にマスターするようにしましょう。

極端かもしれませんが、初心者の方であれば、文章は1行でも良いかもしれません。何も残らない10行よりも、完璧にマスターする1行のほうが良いです。そして、すぐに次々と別の文章に触れていっても、初心者の方は処理が追いつかず最初にやったことを忘れていくだけなので、なるべく1つ1つマスターできるように、あまりテキストはコロコロ変えないのがポイントです。

以上が、初心者の方にオススメのテキスト選びのひと工夫になります。

 

単語の暗記でひと工夫

単語を暗記する時は、とにかくまとめて覚えることです。なるべく色々なものを関連づけて、セットにして覚えることが大事です。セットにできるポイントは以下の通りです。

 

・意味、品詞、形(現在形、過去形など)
・例文と一緒に覚える
・類義語や対義語も一緒に覚える

 

最初の意味・品詞・形はほとんどの単語帳に載っていると思いますので、1単語に1つの意味だけ、現在形だけ、というようにはせず、全部セットでまとめて覚えるようにしましょう。

また、例文を大切にしましょう。単語は文章にしていかないと会話になりませんし、実際に英会話で使っていくには、その使われ方の例は大事です。どのようなシーンで、どういう時に使われるものなのか、そういった状況を思い浮かべるようにすると、記憶にも定着しやすく効果的です。

そしてもう1つ、類義語や対義語などもまとめて覚えてしまったほうが暗記は楽になります。暗記する量が増えると大変になると感じる人もいるようですが、知識は関連づけやグループ化によって記憶しやすくなりますので、まとめて覚えるのは楽な方法です。

また、似たような意味や正反対の意味の言葉を知っておくことで、言いたいことがパッと出てこない時にとりあえず類義語で代用したり、反対語の否定文で意味を伝えたりなど、表現方法が増えてスピーキング力も高まっていきます。

さらに、これはいわゆるテストに関するポイントになりますが、リスニングなどのテストにおいては、ある文章と同じ内容の選択肢を選びなさい、といったような問題がよく出されます。つまりは、似たような意味の単語や文章の言い回しを複数知っていると、テストとしても確実に成績はよくなります。

以上が、初心者の方にオススメの単語の暗記のひと工夫になります。

 

学習方法のひと工夫

オンライン英会話のレッスンは、やりっぱなしでは非常にもったいないです。もちろん効果がないことはないですが、自習の部分はどうしても必要になってきます。これは、留学だろうと英会話スクールに通う場合だろうと、他のどのオンライン英会話サービスを利用するだろうと同じです。

自分自身でレッスンを振り返るという時間を持っている人と持っていない人では、確実に差が出ます。その差は初めは表面的には分からないので、本当に大事なのかどうか実感がない人も多いです。ですが、数ヶ月たった時に最初のレッスンからの積み重ねで色んなことをしっかり覚えている人と、全部忘れてほとんど何も変わっていないような状態になってしまう人がいますが、その差は自習によるところが大きいです。

自習といっても、ガチガチに宿題をしたり、辞書を片手に全部予習して和訳して、というのは時間的に厳しい人や、そのやり方だと辛くなる人も多いと思われます。

筆者の場合は、初心者の方にはまず最低限、復習だけは定期的にやることをオススメします。復習で思い出す作業をし、以前のレッスンの内容を流してしまわないことが、成果につなげるためには非常に大事になってきます。

以上が、初心者の方にオススメの学習方法のひと工夫になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?英語に限らずですが、学習方法や学習継続の方法などでは、効果的なポイントを把握して、そこだけは外さないようにしておくことが重要です。一般に素直な人が伸びると言われるところですので、ぜひ使ってみてください。ではまとめます。

 

オンライン英会話には工夫が必要?

・漫然とやるよりも工夫した方が良い。
・テキストはレベルのあったもので、薄いテキストを繰り返し学習する。
・単語の暗記は、意味や形はまとめて1つにする。例文で覚える。類義語や対義語もセットで覚えてしまう。
・自習の時間をとる。予習や宿題は初心者の方は難しいもしれないので、復習だけは必ずやるようにする。

 

ちょっとした工夫だけで英会話の成果は変わってきますので、ぜひ使ってみて下さい。

 

イングリッシュ24でオンライン英会話を始めよう!

無料会員登録はこちらから!

Designed by stories / freepik

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン