【初心者向け】短期集中で身につく2つの英会話の要素

こんにちは!あなたの今すぐをかなえるイングリッシュ24です。

英会話を短期集中で身につけることはできるのか?英会話には色々な要素がありますので、それらは分解して、短期集中で身につけられる可能性があるのかどうか、はたまた学習のやり方や注意点などのポイントについてまとめます。

英会話はなるべくコツコツと、継続的に学習していくのが理想的ではありますが、英会話が目的や目標を達成するための手段である以上、短期的に集中して成果を出したいということはあり得ますので、そういう方はこの記事を読んでどういったことであれば可能なのかを知ってください。

💡この記事で分かること

・短期集中で身につく英会話の要素
・短期集中で英会話学習に取り組む場合のポイント

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

短期集中で英会話を身につけることはできるのか?

結論、これはできるものとできないものがあります。単語など暗記するものは、どうあがいても時間がかかります。また反復によって身に付くもの、リスニングやスピーキングなど繰り返し行うことで、慣れて口からスラスラ出てくるようになるまでも時間がかかります。

しかし、短期間集中的に取り組むことで終わらせることができるものもあります。それは、以下の2つです。

 

・最低限の中学英文法
・音のイメージを変える発音矯正

 

この2つ、最低限の文法と発音矯正による音のアップデートです。この2つがなぜ短期間で成果を出すことができるのか、詳しく解説していきます。

 

短期集中で文法力が身に付く

暗記というものに関してはは分散学習といって、覚えるまでに一定の時間をあけながら忘れた頃に復習、ということをしていかないといけないので、どうしても時間がかかります。

一方で、理解のための学習というのは集中学習といって、これは詰め込みがきくといいますか、どちらかと言えば分散して時間をかけずに、集中して一気に終わらせたしまったほうが良いものになります。

分散学習に関してはこちらの記事、復習を最適化!らくらく暗記できる分散学習のやり方を参考にして下さい。

これは科学的に証明されているものですので、文法については少なくとも、関連性のある単元ごとにまとめて学習しきってしまいましょう。そのほうが学習効率はよくなりますし、言い換えれば短期集中で身につけることができます。

 

短期集中で発音矯正をしてしまおう

自分自身の発音が本当に綺麗になるためには、色々な癖を直したり、言い慣れて上達するまでにはそれなりに時間がかかります。英語ができる人は発音の練習にはかなりの時間をかけていて、発音を綺麗にするという意味ではけっこう時間がかかります。

ですが、自分の中での音のイメージをアップデートして、脳の認識が変わり、音が聞こえるようになるまでは、比較的短期のうちに達成することができます。これを音のアップデートと呼んでいますが、このリスニングに影響を及ぼす発音矯正については、大体2ヶ月程度で効果が出ると言われています。

これは筆者の体験になりますが、実際に多くの留学生やオンライン英会話の受講生が、比較的短期間のうちに発音が上達し、それに伴ってリスニング力が向上しています。私のもとで英語学習をしていいてリスニングが伸びなかった人はいませんので、これはかなり再現性の高い、短期集中学習で効果のあるものです。

 

リスニングやスピーキングも基礎力が高まれば短期集中がきく

最低限の基礎力がついてきた状況であれば、リスニングやスピーキングをレベルアップさせる時にも短期集中の学習で成果を出すことができます。いわゆる英語漬けの環境に身を置くという方法です。

先に述べたとおり、その場その場で急に暗記をするということはまずできませんので、単語などの最低限の基礎力が身についていれば、というのが1つの条件です。

単語・文法・発音というのが英語の基礎力なのですが、この3つのレベルが高ければ高いほど、リスニングやスピーキングについては短期的に英語漬けの環境に身を置くことで、慣れてしまうということも不可能ではありません。

これは、日本という国の中で結局のところ英語をそんなに使わない状況ではなかなか伸びづらいリスニングやスピーキングに対して、英語を使わざるを得ないように環境の方を変えてしまうというやり方で、否応無しに英語に触れる頻度を高めることによって、ある程度レベルを引き上げることができます。

 

短期集中の学習で成果を出すためのポイント

短期集中の学習は、急に思いついて適当にやってしまうと、かけた時間や労力の割りにあまり成果が出ないということもよくあります。例えば短期留学などがそうで、必ずしも成果が出せる人ばかりではありません。かといって、長期で海外に住んでいる人であれば、みんな英語が話せるよになるのかという、これまたそういうわけでもありません。

英語学習というのは、かけた時間を無駄にしないように成果を出していくためには、結局のところしっかりとして目標や計画というものが途中で必要になってきます。このあたり、目標に対してどうやって期間内に達成するかを考えた時にはポイントになるとことについて、詳しく解説していきます。

 

集中できる環境を用意する

ここでいう環境には、住んでいる場所や利用するサービス、例えば英会話スクールやオンライン英会話などの環境もありますし、そこで関わる周囲の人というのも環境になってきます。あるいは自分の机や椅子、使うテキストなども環境になります。

まずこれらの環境について、十分に集中できる状態が望ましいと同時に、うまくリラックスもできる状況も作っていきましょう。

例えば留学あるあるですが、海外にしてもずっと日本人同士で遊んでいたり、まったく復習せずに毎晩遊び歩いたり、そうなると短期集中で学習しているようにみえて、結局大した成果は出ないということもよくあります。

ですから、まずは一緒に勉強する仲間だったり、レッスンをする先生だったり、使っていくテキストだったりといったものを精査して、短期集中というからには、本当にそのことに没頭できるようにしましょう。

合宿などで泊まりがけで何かを学ぶというものがありますが、日常の中にテレビやパソコンのYoutubeなど集中的な学習の妨げになるものがある場合にそれを排除するという意味ではありです。旅行のようになって、行った先で遊んでしまうというリスクもありますが、どこか田舎のようなところで集中的に何かを勉強してみるというも悪くないでしょう。

いつもの場所にいると、遊びにいこう、飲みにいこうと誘われたりすることもあり、どうしても断れないというような状況もありますので、いっそ場所を変えてしまうというのは、留学を始めとして短期集中で学習を達成するための1つの重要なポイントになります。

 

終わった後そのままにせず、必ず続ける

短期的に接触頻度を上げて一気に覚えたことというのは、その後まったく触れなければやはり一気に忘れてもしまいます。

理想は普段から英語に少しでも触れている状態をずっと継続し、少しずつコツコツと学習して徐々に伸ばしていくことです。誰しも一度は経験があるかもしれませんが、短期集中で一気にやろうとしたこと、例えば受験勉強などの直前の追い込みで無理やり覚えたようなことというのは、その後にはまったく活かされず、あっさりと忘れてしまったことがあるのではないでしょうか?

文法や発音矯正、またリスニングやスピーキングでもある程度の詰め込みで、それをやっている瞬間は成果を出すことができるのですが、その後が問題です。1年後、2年後、その先もずっと、その短期集中の学習で得た力をずっと保っていられるかどうかは、その後の継続にかかっています。

短期集中の学習となると必ずある程度は苦しい状況がついてきますので、そこまでしてやったものであれば、その後すぐに忘れてしまいました、勉強したけどテストでしか使わず、その後は特に意味はなかったです、ということになってしまわないように、必ず継続的に復習したりするプランも込みで考えておきましょう。

どちらかといえば、少しずつ継続している状況がずっと続くのが基本の状態の中で、何か目標が出た時に短期集中で一気にレベルアップを図る時があっても良いというぐらいのものであって、ベースは日々の英語の習慣であるということは意識しておいた方が良いでしょう。

 

リスニングやスピーキングについては、基礎ができている前提

すでに述べていることではありますが、英語の基礎、特に単語の暗記についてはどうしても時間がかかります。これがある程度できてきた時に、初めて短期集中でやってみるという選択肢が生まれてくることなので、基礎ができていない状態からいきなり一気に短期集中で、というのは無理があります。

筆者としては、まずはじっくりと単語を覚えて語彙を増やしながら、基礎力を高めることをオススメしています。一定レベルの基礎力を養うと同時に、並行してスピーキングなどのアウトプットをしていけば、基本的には短期集中で一気にレベルアップということは、そもそもしなくても良いことになります。

ですが、どうしても時間に余裕がある人ばかりではないですし、やはりコツコツと継続というのはそれ自体がとても難しいことではあるので、どこかで集中的にやりたくなる、つまりは波があるのもよく分かります。

だからこそ、そういった短期集中での努力も無駄にしないためにも、手順として英会話においては、なるべく単語の暗記という基礎だけは最初に初めて続けておくことをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?短期集中というのは、選択肢の1つであり、必ずしも悪いわけではないですが、やらなくても問題ないことでもあります。ただ、英会話というものが目的達成のためのツールである以上、効率的に習得して使えるようにしたいということはありうることなので、そんな時はポイントを思い出して取り組むようにしてください。ではまとめます。

 

短期集中で英会話を身につけることはできるのか?

・できるものとできないものがある。基本的には、文法の理解と発音矯正による音のアップデートについては可能。
・文法の理解は集中学習が向いているものの1つなので、一気に終わらせることができる。
・発音矯正は、一般的に2ヶ月程度で効果が出るとされていて、短期的集中でやることも可能である。
・一定以上の基礎力があれば、いわゆる英語漬けの環境に入ることでリスニングやスピーキングを短期集中でレベルアップさせることも不可能ではない。

 

短期集中の学習で成果を出すためのポイント

・短期で集中的に取り組むための環境を用意する。
・終わった後に放置せず、復習などを継続的に行う。
・基礎ができていないとどうしようもないこともある。基本的には、じっくり基礎力を高めて、スピーキングなども日々コツコツと継続して高めていくのが前提。

 

短期集中は目的・目標にあわせて、うまく選択肢を組み合わせていきましょう。

 

イングリッシュ24でオンライン英会話を始めよう!

無料会員登録はこちらから!

Designed by stories / freepik

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン