【超初心者向け】英語を全く話せない人が英会話でやるべき3つのこと

こんにちは!あなたの今すぐをかなえるイングリッシュ24です。

本当に英語を全く話せない超初心者の方の場合、一般に言われているほとんどの英会話学習の情報はあまり役に立ちません。英語がかなりできる人たちが初心者向けに発信している情報の多くは、最低限の中学英語というものがそこそこできている人向けの内容なので、本当の超初心者には当てはまらないことが多いです。

全く話せないゼロレベルの超初心者の方は、この記事を読んで何から手をつければ良いのか、シンプルに考えるようにしてみましょう。

💡この記事で分かること

・英語を全く話せない超初心者が英会話でやるべき3つのこと
・読むことをメインに単語を学習する上での注意点

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

英語を全く話せない超初心者が英会話でやるべき3つのこと

英語を全く話せない超初心者が英会話でやるべきことは以下の3つです。

 

・目標を決めない
・やる曜日と時間だけ決める
・読むことに集中する

 

英語の超初心者で、まったく話せないという時点でやるべきことは極めてシンプルになります。世の中にあふれている英語関連の情報は、実は多少はできる初心者かもう少し上のレベルの人向けの情婦ばかりです。本当の完全ゼロレベルの方、超初心者の方にとって必要なのは、余計な情報に惑わされないで捨てるための英語学習の断捨離です。

挨拶と自己紹介だけはテンプレを用意して、最初はフレーズの暗記から。他のアドバイスは全て雑音だと思って無視して良いです。

 

目標は決めない

厳密に言うと、決まらないです。決まるはずがありません。英語には学習方法ややるべき項目もたくさんあり、それが人によって何がたりていないのかも全然違うので、何をすべきかという目標は超初心者の方は、自分ではなかなか立てれません。

プロのアドバイスが聞ける場合はそれで良いと思いますが、基本的に完全ゼロの全く話せない英語の超初心者がやるべきことは1つだけ、小学生と同じ単語学習になります。もしかしたら、人によってはアルファベットから、かもしれません。大人になってアルファベットを学習するのも、もちろん悪いことでも恥ずかしいことでもありません。

この段階で、どれくらいの英語レベルを目指すかとか、英語を何に使うかなどの具体的な目標は立たないので、純粋にレッスンが楽しめるかどうかだけで、目標はなくて大丈夫です。

 

やる曜日と時間だけ決める

何曜日の何時にレッスンを受けるか、もしくはある程度バラバラであったとしても、月に何回レッスンを受けるかというペースだけ決めましょう。このペースも、英会話の成果が出るかどうかというようなことは考えなくて大丈夫です。なぜなら、本当にゼロから始めるとしたらそんなにすぐには成果は出ないと分かっているからです。

成果が出せるかどうかは、続けられるかどうかにかかっています。なので、英会話の基本や相場的なものはいったん置いておいて、まずは続けられそうな学習ペースを自分の生活の時間の中から決めていきましょう。

 

読むことに集中する

全く話せない、ということですから、もちろん最初の1回や2回どころか、しばらくは話せなくて当たり前です。こういった方がやるべきことは、予め用意した文章を読むことです。挨拶でも自己紹介でも、質問する時も、すべて最初は決まったフレーズを読むことをしましょう。

最終的に話せるようになるかどうかですが、間違いなくなります。なりますが、間違いなく時間がかかります。早くしたいと思ったら学習量を増やすしかありませんが、増やすと挫折しやすくなります。短期間で詰め込むことができる学習内容は限られており、単語の暗記とスピーキングなどの反復練習を必要とするものは、詰め込んでも成果にはつながりづらいです。

結局のところ、継続前提で自分のペースで、まずは理解できるボキャブラリーを増やすために単語の暗記をする、その間、レッスンでは読むことに集中するというのがベストな方法です。

 

読むことをメインに、単語を覚えることに集中しよう

分厚い参考書だったり、中学3年分の英語を一通り、などといった目標を立てると非常に挫折しやすくなります。本当に全く話せない英語の超初心者の方は、単語だけに集中しながらとにかく読むことをしたほうが良いです。

最初はいろんなことが気になります。〇〇メソッドとか、発音はどうなのか、などなど色々な人が色々なことを言うのですが、本当に当面の間は全く関係ありません。一定量の単語が理解できるようになることが先決なので、まずはそこを目指しましょう。

超初心者の方は、幅広く色々な英文にふれるという学習の仕方がまったく向いていません。これはいわゆる多読・多聴と呼ばれる方法で、一定レベルの基礎ができている人がやると効果が高いですが、英語がまったく話せない超初心者の方がやるのはその逆です。薄い参考書や単語帳でいいので、同じテキストを何周も何周も繰り返し練習してください。場合によってその1冊を全て暗記してしまい、全部言えるようになるくらいが理想的です。

中学生向けの教材であれば、基本的にエッセンスの部分はほとんどどれも同じなので、ポイントとしては薄い内容で良いので、変えず暗記するくらいまで繰り返し読んで、とりあえず単語を覚えましょう。

英語の基礎には、単語・文法・発音の3つがありますが、これらに対して、本当にまったく話せない英語の超初心者の方がどう考えれば良いのか、単語の暗記の注意点などについて解説します。

 

文法は一旦捨てる

捨てましょう。本当の超初心者の方は、最初からよほど何か目的がない限り、文法は挫折の1丁目となります。最初は単語を中心とした暗記で、文法の理解は、単語をある程度覚えてそこそこ会話内容がざっくり分かる程度に成長したあと、より会話の幅を広げていきたい、初心者を脱出したいという思いが出た時に始めてください。

そういう状態になるまでは、文法の学習は一旦捨ててもかまいません。段階を経て、特に自分自信が必要性を感じた時にやれば良いことです。

 

発音もとりあえず捨てる

捨てましょう。すでに大人の方で、英語が全く話せない英語の超初心者ということであれば、発音は聞いているだけや、真似して言うだけ言ってみるだけでは、なかなか改善は進みません。

ですが、ここで1つ朗報です。発音矯正は、深く学ぼうとすればもちろん膨大な量の練習をしなければいけませんが、ある程度の会話のための発音であれば、2ヶ月程度の短期間でも集中的に学習して身につけることが可能です。

これは、最初にやっても後からやっても同じことなので、最初は捨ててしまっても大丈夫です。本当の超初心者は聞き取りができるかどうかという心配すらしないように、なるべく文章を通じて意思疎通し、書いた文章を読むと言うことに注力しましょう。

会話としてのやりとりは、単語の理解と並行して徐々に進んでいきます。最初は会話はしませんので、文章を読むだけです。それもうまく読もうという意識は大事ですが、目標は1つだけ、単語を覚えて、できれば例文ごと暗記してしまうことです。

発音自体は後から、短期的に学んで成果を出すことはできます。ちなみにですが、発音と同じくらい、短期集中で一気にレベルアップができるのが文法です。

一方、最も時間がかかり、そして非常に重要な基礎となるのが単語の暗記です。最初はこれ1つに絞っていくのが良いので、ここでは発音も捨てましょう。

 

単語の暗記だけに集中する

これだけに集中しましょう。単語の暗記は本当に時間がかかります。暗記が得意な人は1回で全部覚えられる、などということはありません。誰もが忘れます。いいタイミングで復習ができれば、暗記が得意か不得意かは関係なく、年齢なども一切関係なく、誰もが必ず結果を出していくことができます。ただ1つだけ、時間がかかるのが単語の暗記なのです。

せっかく取り組むからには、効果を最大化したいと思うはずなので、どういったことに注意して単語を暗記すれば良いかについてまとめておきます。

 

・単語の意味は1つではない、まとめて覚える
・単語の形は1つではない、まとめて覚える
・単語は使い方が大事、例文で覚える

 

この3つだけは最初から意識してください。Bookという単語には名詞の本という意味と、動詞の予約するという意味があるように、単語の意味は1つではありません。できれば名詞や動詞など品詞もセットで複数の意味を覚えて欲しいですが、必ずしもこのような文法用語は最初は覚えなくても大丈夫です。そういうときこそ、例文で覚えることが役に立ちます。例文のなかで、順番的にどの位置に出てきたら本の意味になるのか、どの位置に出てきたら予約の意味になるのか、品詞が違う場合は出てくる場所が違います。語順だけ意識して、出てくる場所と意味がリンクしてくれば良いでしょう。

また、動詞の形、これには過去形や過去分詞形などがあります。これらは後々楽をするために、セットで1つとして覚えて下さい。セットというのが重要で、過去形や過去分詞形などが出てくるたびに1つ多く覚えるという感覚でいると、暗記が大変すぎます。

go, goeswentgoneという感じで、現在形, 3単現/過去形/過去分詞形をまとめて覚えましょう。このような覚え方をしておけば、大幅に時間短縮して先へ進んでいくことができるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?超初心者の方に言えることは、最初にできることは1つだけだということです。そして、何か1つと思ったら、それは単語を覚えることです。これに集中して、まず完全ゼロレベルの初心者という状態を突破しましょう。ではまとめます。

 

英語が全く話せない超初心者が英会話でやるべき3つのこと

・目標は決めない、決めることができない。
・レッスンをやる曜日と時間だけ決める。今の生活の中でできる無理のない方法で良い。
・会話をしようとせず、文章を読むことに集中する。

 

英語が全く話せない超初心者は、単語を覚えることだけに集中する

・文法は捨てましょう。
・発音も捨てましょう。
・単語だけはしっかり覚えましょう。

 

少しでも単語力がついてくると、少しだけ先が見えるようになります。そうならないうちに、やみくもに会話をしたりリスニングをしたりしても、なかなか成果が得られませんので、ぜひまずは単語を覚えて下さい。

 

イングリッシュ24でオンライン英会話を始めよう!

無料会員登録はこちらから!

Designed by stories / freepik

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン