【初心者向け】英語学習の最短ルートを探す3つのヒント

こんにちは!あなたの今すぐをかなえるイングリッシュ24です。

誰もがなるべく最短で英語学習の成果を出したいと考え、日夜試行錯誤していると思います。最短ルートといっても、一瞬で英語が身に付く魔法があるわけではありません。

どうしても時間がかかる部分はありますが、その上でいかに効率よく、無駄を省いて短期間で成果を出すか、ということについて知っておきたい場合には、この記事を読んで時間と労力の投資先を決めていきましょう!

💡この記事で分かること

・英語学習の最短ルート
・最短ルートを見つける3つのヒント

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

英語学習の最短ルートとは何か?

急がば回れの言葉通り、一般的に通用する中級〜上級者を目指そうと思うのであれば、地道な基礎の反復を行いながら、並行して会話練習を続けていくことが英語学習の最短ルートになります。

 

英語学習の基礎についてはこちら💡
【初心者向け】英語学習で最も大事な3つの基礎とは?

 

筆者の知っている限りで、楽して簡単に英語が話せるようになりました、という人は1人もいません。やはり一定の時間と労力をかけています。

ですが、少しでも無駄を省いて最短ルートをいきたいということであれば、そのためのコツというのはいくつかあります。それは

 

・プロに教わる
・集中力と記憶力を高める

 

この2つになります。まず最短でいきたいと思うのであれば、まちがいなく1人で全部考えるよりも、誰かに聞いたほうが早いです。もちろん、ここは予算と相談の部分であり、コストをかけても良いのであれば、より早く、より確実に成果を出すということが可能です。

もしコストをかけることが難しい場合には、2つ目の集中力と記憶力について学び、最短ではなくても、効率の良い学習をするということもできます。学習効率を高める努力をするだけでも、場合によっては2倍以上の成果の差が出ます。

もう1つ別の選択肢として、使える英語を習得する考え方に、一般的な中級や上級を目指すのではなく、ピンポイントに特定のシチュエーションに絞って学習する、という方法もあります。これは、いわゆる英語ができる人になることは一旦捨てて、ある場面でだけ用が足りればそれで良い、という割り切った英語学習の考え方になります。

これらについて、それぞれ詳しくみていきます。

 

英語学習のプロに教わる

結論としては、これが最短中の最短ルートになります。

独学での英語学習はやってみると徐々に分かってくるのですが、英語の学習をするというよりも、どうすれば英語が本当に英語が話せるようにようなるのかという、考え方や教え方を知るような作業が多くなります。

英語のプロは、単語を覚えろ、文法を理解しろ、発音を練習しろ、アウトプットも並行してやれ、というようなことを言ってきます。それがなぜなのか、どういう理由でそういうことを言うのか?もしかしたら、何か別の、もっと簡単な、あるいは自分に合ったやり方、そういう英語学習があるんじゃないか?と考えると、独学で勉強する、という道を選ぶ可能性は高いです。

基本的に独学での英語学習とは、自分でオリジナルの英語学習法を編み出そうとする行為ですので、それは最短ルートとは真逆で、独学=最長時間を要する苦難の道のりになります。

その逆、つまり英語のプロのアドバイスをもらい、先生を頼って英語学習をしていくことは最短ルートになります。1人で悩む時間が減りますし、効率の良い学習方法も最初から知っているので、より早くより確実です。

英語学習で独学の道を選ぶ理由があるとすれば、正直分かり切っている英語学習の王道が基本的には大変なので、どこかにもっと良いやり方があって知らないだけじゃないのか?という疑問があるからです。

独学をすると、例えどんなに時間がかかって、どんなに大変な思いをしたとしても、それは自分が選んだ道だから、ということで納得しやすくなります。一方でお金を払ってプロのレッスンを受けると、成果が出ない時はメソッドのせいだったり、先生のせいだったり、テキストのせいだったりするかもしれません。もしそうであれば、だったら時間がかかっても自分でやったほうが良かった、というような後悔の気持ちが湧いてきたりします。

また独学は無料でできることも多いです。Youtubeやブログなどから情報をかき集めていけば。やろうと思えば完全に無料で英語を習得することは、今の時代であればまったく不可能ではありません。

ただ明らかに遠回りです。最短ルートはプロに学ぶことで間違いありませんので、もし時間をかけるならば、信頼できるサービス、信頼できる先生を探したほうが良いです。この人とだったら、納得して英語学習ができるというプロを見つけることが、納得した上で最短ルートをいくということになるでしょう。

 

集中力と記憶力を高める

直接的に英語の勉強に時間をかけるのではなく、自分のスペックを上げて英語学習の効率を高めることで、結果的に英語学習の時短を図るというのも1つの方法です。

集中力がなくなってしまったり、記憶力を阻害するような要素が、現代の生活の中には山ほどあります。ほんのちょっとした工夫だけでも、学習効率は10〜20%違ってくることもよくあります。

筆者は科学的に根拠のあるデータを元に英語学習のテクニックをご紹介していますが、他のやり方と比べて最低でも5%以上の優位性がない限り、科学的に効果のある方法とは認められません。なので、本WEBサイトでご紹介している方法は、どれでも必ず5%以上は今までのやり方よりも効率の良いものばかりです。

これらの方法は組み合わせることができますので、うまく使うと、学習効率が1.5〜2倍以上にも跳ね上がります。

同じ勉強を2回するのは誰だって嫌だと思いませんか?集中力や記憶力を高める効率の良い方法ができるようになれば、今まで2回読まなければ理解できなかったこと、2回見ないと暗記できなかったこと、そういったことが半分の労力でできるようになったりします。

しかも、筆者が本WEBサイトでご紹介しているものは全て、生まれついての才能ではなく、後天的に後から鍛えることができるものばかりです。

同じ勉強を何回もやる前に、集中力と記憶力の勉強をしてみませんか?ここに時間と労力を投資しておくと、長い目で見た時には、確実に最短ルートの1つになります。

 

特定のシチュエーションに絞って学習する

この方法は、空港・ホテル・レストランなど特定の場面でのある程度決まったやり取りを想定し、基本的にはそれを丸暗記してしまう方法です。

中学英語と呼ばれる基礎から、しっかりと英語の力をつけていくのはいわゆる王道です。一方でこの方法は、英語の使い方を自分で狭く限定してしまいます。基礎は必要になったらその都度インプットというスタンスで、一通りやるということはしません。やることもシンプルになり、文法なども基本的にはやりません。

使う英語の範囲を極めて狭く限定的にすることで、英語学習のやるべきことを大幅に減らし、全部暗記してしまうというのがこの方法のポイントです。

念のため言っておきますと、丸暗記というのはとてつもなく効率が悪いです。暗記というのがそもそも大変なのに、せっかく覚えたとしてもできることといえば、マニュアル的、機械的な英語の受け答えになってしまいます。

本質的にAIのようなロボットとやることは一緒で、ある言葉を言われたらある言葉を返す、というようなやり取りをするので、定番の決まったやり取りだけは成立する可能性があります。

本来はどちらかというと遠回りの方法ですが、目指す英語の使用目的などによっては、自己紹介やらBe動詞やら現在完了形がどうのこうの、そういうのは一切やらずにすぐ会話に入れるので最短ルートのように感じます。

頭でっかちのマニュアル的な知識は、社会に出ると嫌われがちですが、なぜか英語学習のことになると、こっちの丸暗記スタイルのほうが良いと考える人も少なくありません。

英語学習の最短ルートというよりは、英語の目指す目標を下げることで、やることを減らして丸暗記でマニュアル英会話だけ短期間で身につける、ということです。ですが、ここが入り口で少しずつ力をつけていくような人もいます。丸暗記の道のりも、やってみなければ分からないということもありますので、そういった意味では1つの最短ルートとも言えるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目的や目標によって、そもそも最短ルートが必要かどうかも変わってきます。今回は習得の早さに関する内容ですが、どんなに早いといっても一定期間を要するのが英語学習ですので、効率と同時に継続、習慣化も非常に大事になってきます。

しっかり身について残るスキルとしての英会話を、なるべく最短ルートで身につけることができるように、参考にしてみてください。ではまとめます。

 

英語学習の最短ルートとはなにか?

・学習内容に関しては、単語・文法・発音の基礎からしっかりとやっていく、王道の英語学習が最短ルートである。

 

より効率よく英語学習を進める、最短ルートの3つのヒント

・プロに教えてもらう。安易に独学を選ぶよりは、信頼できるプロを探すことに時間や労力をかけたほうが良い。
・集中力と記憶力を高めて英語学習の効率を上げる。自分自身の基本的なスペックを向上させて、1回ごとの学習効率を最大化させる。
・特定のシチュエーションに絞って学習する。目標を限定し狭くすることで、丸暗記してピンポイントに一部の対応だけできるようにしてしまう。

 

英語に関する情報が溢れかえっている時代なので、情報を集めて、正しいかどうか自分で検証したり考えたりするのはとても大変ですし時間がかかります。まずは質の良い情報が提供されていると思えるものを参考にしていきましょう。

 

イングリッシュ24でオンライン英会話を始めよう!

無料会員登録はこちらから!

Designed by stories / freepik

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン