【初心者向け】オンライン英会話のための法助動詞50フレーズ【短文暗唱⑦】

こんにちは!English24(イングリッシュ24)です。

オンライン英会話で、実際に初心者が使える例文をマスターしたい方は、この記事を読んで下さい。日常英会話に頻出の法助動詞Modal verbs(モーダルバーブ)を使ったフレーズをご紹介します。

例文は全て、フィリピンに住んでいる筆者が使ったことがある、または誰かが使っているのを聞いたことがある、実際に使われている文章ばかりです。これをマスターすれば初心者から一歩抜け出し、自分に言いたいことが言えるようになっていきます。

例文は基本的に日本語の文章が書いてあり、+ボタンでそれに相当する英文が出てきます。短文暗唱トレーニングを記事上で行うことが可能なようにしてありますので、ぜひご利用ください。基本的には文法講座の①②③④⑤⑥⑦を読んだ人の実践用の例文集ですが、初心者の方の自習用として使って問題ありません。

💡この記事で分かること

・法助動詞を使ったフレーズの短文暗唱トレーニングの意味
・例文中に登場する全105の単語リスト

・そのまま使える法助動詞を使ったフレーズ50

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

法助動詞を使ったフレーズの短文暗唱の意味

法助動詞は、事実ではないこと、自分の意志、推量、可能性、能力、提案、助言などなどを言い表すことができます。普通の現在形や過去形などの一般的な文章では、全て事実のことを言う文章なので、書き言葉のようであったり、日記や報告書のような文章に感じることがあります。ですが、法助動詞を使えば、

 

行こうと思ってる
会えるかもしれない
それならできる
やらないほうがいいよ

 

このように、全て事実としての出来事とは異なるニュアンスですが、やるつもりだったり、可能性、予測のような話ができるのです。そしてそれは、実は我々が日常でする会話の多くを占めることになります。

事実報告のような話をする機会ももちろんたくさんあるとは思いますが、特に大人同士の会話になってくれば、どう思うのか、どうしたらいいのか、何をすべきなのか、なにをしてはいけないのか、といったようなことは実際の会話においてかなりの頻度で話すでしょう。

それらを言い表すことができるのが法助動詞Modal verbs(モーダルバーブ)です。これが自由自在に使いこなせるようになる頃には、自分では気付いていなくても、周りがあなたの英語力を中級者以上と考えるようになってきます。それほど自然に会話をするためのキーがModal verbs(モーダルバーブ)ですので、ぜひマスターしてください。

 

例文に使われている単語リスト105

法助動詞のフレーズに使われている単語は、極めて日常の英会話らしい、基本的な頻出の単語ばかりです。もちろん、筆者が実際に使った、または誰かが使っているのを聞いたことのある例文ばかりですので、分からない単語がある場合には確実に覚えてしまいましょう。

 

Be
I, You, He, She, We, They, My, Your, His, Me, Her
This, It
Will, Would, Should, Can, Could, May, Might, Must
What, Where
Store, English, Sentence, Sunday, Time, Bed, Lunch, Teacher, Future, Guitar, Lesson, Truth, Something, Name, Pen, Report, Rest, Lie, Video, Picture, Home, Bite, Book, Meeting, Speaking, Pronunciation, Glass, Water, Goal, Trip, Reservation, Things
Go, Eat, Study, Write, Come, Do, Cook, Speak, Become, Play, Work, Tell, Text, Like, Drink, Know, Help, Borrow, Take, Apologize, Watch, Dance, Sing, Have, Read, Call, Meet, Join, Practice, Check, Plan, Try
A, The, Convenience, Early, New
Tonight, Back, Now, Not, Well, Later, Today
To, For, In, With, Of

 

初心者がオンライン英会話で実際に使える法助動詞を使った50フレーズ

コンビニに行きますか?
Will you go to a convenience store?
今夜は何を食べますか?
What will you eat tonight?
英語の勉強をした方がいいですよ。
You should study English.
その文章を書きますね。
I will write the sentence.
戻ってくるね。
I will be back.
彼は来るかもしれません。
He may come.
彼らは日曜日に野球をするつもりです。
They will play baseball on Sunday.
我々は今から何するのですか?
What we will do for now?
何時に寝るつもりですか?
What time will you go to bed?
彼女は昼食を料理するつもりです。
She will cook lunch.
彼は英語が上手く話せません。
He can’t speak English well.
将来先生になるつもりです。
I will become a teacher in the future.
行かないつもりですか?
Will you not go?
行くつもりではないですか?
Won’t you go?
ギターを弾けるのですか?
Can you play the guitar?
レッスンをすることはできますか?
Can you do the lesson.
彼女は働かなければいけません。
She must work.
これは言うべきではないです。
You should not tell this.
真実を言うべきです。
You should tell the truth.
後でメールするね。
I will text later.
何か飲み物はいかがですか?
Would you like something to drink?
それを食べたいです。
I would like to eat it.
お名前を教えていただけますか?
May I know your name?
助けていただけますか?
Could you help me?
ペンを借りてもいいですか?
Can I borrow a pen?
休憩してもいいですか?
Can I take a rest?
レポートを書かないといけません。
I must write a report.
行けたら行くね(ほとんど行かない)。
I might go.
今日は何をしますか?
What will you do today?
彼女に謝った方がいいですよ。
You should apologize to her.
嘘をついてははいけません。
You must not tell lies.
あなたの動画を見てみますね。
I will watch your video.
写真を撮ってもらえますか?
Can you take a picture?
私とダンスしませんか?
Will you dance with me?
歌えますか?
Can you sing?
彼らは今日は早く家に帰らなければいけない。
They must go home early today.
私は何をするべきですか?
What should I do?
一口もらっても(食べても)いい?
Can I have a bite?
この本を読まないですか?
Won’t you read this book?
一緒にお酒を飲みませんか?
Will you drink with me?
なんと呼んだらいいですか?
What should I call you?
どこで会いましょうか?
Where we will meet?
彼はその会議に出ないといけません。
He must join the meeting.
スピーキングの練習がしたいです。
I would like to practice speaking.
発音のチェックをしてもらえますか?
Could you check my pronunciation?
水を一杯いただけますか?
Can I have a glass of water?
私たちは目標を持たなければいけません。
We must have goal.
彼は旅行の計画をするつもりです。
He will plan for his trip.
予約を取るべきですか?
Should I have a reservation?
あなたは新しいことに挑戦するべきです。
You should try new things.

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

法助動詞をマスターすることによって、ようやく事実ではない自分の意見や予測、能力、助言、などについて言い表すことができるようになります。ある意味本当の英会話の始まりでもあり、これをサラッと使いこなせることで明らかに初心者ではなくなってきます。

もちろん内容自体はすべて中学英語です。つまりは、難しい内容ということは特になく、言い慣れているかどうかの問題が大きいでしょう。しかしながら、こういった日常の会話を繰り返し使う機会は日本に住んでいるとそうそうないので、ぜひこの記事を使って繰り返し短文暗唱の練習をするのも良いですし、ぜひオンライン英会話で実際に使ってみながらマスターしていきましょう。

短文暗唱に関して、初心者向けの英文法に関連した全8回の記事のリンクを貼っておきます。

 

 

ぜひこれらも活用していただき、アウトプットの練習を進めていきましょう!

コメント

  1. […] […]

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン