英語ライティングのやり方3選【ビックリするほど成長します】

こんにちは!English24(イングリッシュ24)です。

英語のライティングを練習すると、ビックリするくらい英語力が上達します。これは読み書きだけでなく、英会話にもつながる成長です。英語が伸び悩んでいる人は特に、ライティングを通じて正確さにこだわったアウトプットをしていけば、その壁を乗り越えられます

そんな成長をさせてくれるオススメの英語ライティングのやり方と注意点について、詳しく解説していきます。どのやり方が自分に合っているか見ていきましょう。

💡この記事で分かること

・英語が伸びるライティングのやり方3選
・英語ライティングの注意点

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

英語ライティングのやり方3選

英語のライティングを練習する方法はたくさんあります。選択肢が多い時は、色々なやり方を試しながら、自分が継続できる方法を選んでいくのがベストです。

英語ライティングは正確さを重視したアウトプットの練習という位置づけで行う方が良いので、それなりに負荷の強いトレーニングになります。ですから、物量を求めるのではなく、少しでいいので正確な文章を書くようにするのが継続のコツです。どの方法もまずは2〜3行ほど書くことから始めて、慣れてきたら徐々に量をふやしていきましょう。

それでは、オススメの英語ライティングのやり方を3つご紹介します。

 

初心者向け:お手軽かつ気楽に、英文日記
初中級以上:確実なレベルアップなら、英文添削
本気の人向け:最強のライティング練習、英文チャット

 

この3つのやり方と、最後に英語ライティングに共通する注意点について詳しく解説していきます。

英語のライティングというと、スピーキングとは別物と考える方がいますが、ライティングを鍛えることは、英会話の上達につながるとても有効な手段です。オンライン英会話でもライティングの練習が重要な理由はたくさんありますが、詳しくはこちらの記事をぜひご覧ください。

 

 

お手軽かつ気楽に、英文日記

英語ライティングの定番の練習方法で、初心者でも継続しやすいのが英文日記です。英文日記は、ほんの2〜3行でその日の出来事や感じたことなどを書いていけば、十分に英語ライティングの練習として有効です。

英文日記の良いところは、まずお手軽かつ気楽にできることです。できれば書いた文章は誰かに見てもらう方が良いですが、英文日記の大きなメリットは、必ずしもいついつまでに先生に提出するとか、毎回のレッスンで常にチェックするといった縛りをなくせることです。自分のペースでできます。

文章を書くということは、かなり慣れていないとそう簡単には続きません。英文日記であれば、まずは続ける意識を最重要視して、とりあえず書いてみるという入り口に立つことができます。

英語ライティングの本質としては正確さ重視のアウトプットなので、誰かに見てもらうことも大事ですが、続けられることのほうがもっと本質的で大事なことです。英文日記でまずは英語のライティングに慣れるまで、23ヶ月やってみるのがオススメです。

また、他に筆者がオススメしている英文日記の書き方には、日本語で書く自己肯定感を高める日記と英語のライティングを組み合わせて行う英作文日記もあります。普段の自己肯定感の日記に英作文を組み合わせた日記の書き方については、こちらの記事に詳しくかいてありますのでぜひご覧ください。

 

 

確実なレベルアップなら、英文添削

英語ライティングで正確なアウトプットの練習をしたい方にはこちら、英文添削を受けて練習する方法がオススメです

やり方としては、オンライン英会話などのサービスを通じて英文添削をしてもらうのが一番です。自分が英会話レッスンを受けている先生に、英語ライティングの添削もお願いしてしまったほうが効率よく練習できます。

英文日記では縛りになるとご説明した英文添削ですが、書くことに慣れてきたらやはり誰かに見てもらったほうが、英語のライティング練習には良いです。この辺りはレベルや慣れに応じて、少しずつ変えていったほうが良いポイントです。

日記の気楽さは初めての時にはとてもありがたいものですが、正確なアウトプットを行うという緊張感が不足してしまいがちです。多少の負荷をかけながら練習をしていかない限り成長速度は遅くなってしまいますので、日記を書いたらとりあえず見てもらうというだけでも大分違ってきます。お題があって答えを出すような英文添削が厳しいと感じる時には、英文日記を添削してもらうと良いでしょう。

英文を添削してもらって、正確さを意識した英語のライティングを続けていれば、初心者を一歩抜け出す大きなきっかけになります。英文添削をしてもらうメリットは、この成長の加速になります。

1つ注意点として、当たり前に思うかもしれませんが、インプットした英文法を正確にアウトプットするのが英語ライティングなので、まず英文法のインプットは必ずしてください

その上で、英会話では雰囲気で流してしまって単語しか言えないような文章を、インプットした英文法の内容を思い出しながら書いみましょう。じっくり時間をかけても良いでの、そして1行でもいいのでこのやり方で書いてみてください。続けていけば必ず、英語ライティングの力がはっきり感じられる大きな成長が待っています。

 

最強のライティング練習、英文チャット

英語ライティングが本当に使えるレベルになるという意味では、一番オススメの練習方法がこの英文チャットになります

やり方は2段階あり、ある程度考える時間がとれる方法としてメールやSNSでのメッセージのやり取りをする方法と、もう1つはリアルタイムでどんどん書いていくいわゆるチャットになります。どちらのやり方でも、練習としても本番としても非常に力がつきますので、使える英語のライティングを目指す方はぜひチャレンジしてください。

外国人の友達が欲しい方は多いと思いますが、ぜひ実際に友達を作って、その友達と連絡を取り合うというのがベストな英文チャットのやり方です。外国人の友達でも日本人の友達でも変わらず、連絡手段の定番の方法はSNSなどでメッセージをすることになります。電話だったり会って話をしたりするよりも、メッセージのやり取りのほうが相手も気楽に応じてくれます。英文チャットで存分に英語ライティングの成果を発揮して、情報交換や近況報告といったやり取りを実践していきましょう。

外国人の友達がいないという方でも、オンライン英会話などを通じて、チャットでレッスンをすることも可能です。本当に使える英語ライティングために、ライティング重視のチャットレッスンはかなり成長するのでオススメです。もちろん英会話の力も大きく成長できます。

この英文チャットという練習方法ですが、初心者でも上級者でも変わらず、この方法で英語ライティングの練習はできます。英文チャットのアウトプットと英会話のアウトプットは、文字か音かの違いだけなので、レベルに合わせたチャットをすれば良いだけですから、初心者もチャットで英語ライティングの練習はできます。

英文でスピーディーなチャットが打てるようになれば、確実に英会話も成長していきますので、使える英語ライティングのリアルな実践をぜひトライしてください。

 

英語ライティングの大事な注意点

英会話では、声の抑揚やジェスチャー、表情など様々な情報が使えるので、単語だけでもかなり意思疎通ができたり、相手が分かってくれたりします。ですが英語ライティングのテキストメッセージとなると、なかなかそうはいきません。単語だけのメッセージを送っても、おそらくコミュニケーションは成立しなくなるでしょう。

会話重視で英語のスピーキングに力を入れることは大事ですが、読み書きは簡単なわけではないですし、使わないわけでもありません。そしてライティングはスピーキングのようなごまかしがあまりきかず、ちゃんと文章を書かないと相手に伝わらないです。

英文日記や英文添削では、ライティングでのコミュニケーションというよりは練習の要素が強いですが、実践形式の英文チャットにおいては、会話と同じようにできる人とできない人が分かれてくるので注意してください。

チャットにおける英語のライティングで、たまにスペルが分からないからできないという人がいますが、分からないのがスペルだけであればSNSでのメッセージのやり取りは問題なくできます。テキストメッセージのやり取りであれば、相手も多少は待ってくれますので、スペルを調べる時間くらいは十分あります。

さらに言えば、分からない単語をグーグルなり辞書なりで調べながらメッセージすることも可能です。分からない単語があることも英語ライティングではそこまで問題になりません。

問題は文法が分からず、文章を作ることができない場合だけです。単語が分からなくても調べれば品詞も分かりますので、文法さえ分かっていれば調べた単語を文法通りに並べて、スペルもコピペして送ればメッセージはできます。やり方を問わず、少し調べればスペルや単語の問題は比較的簡単に解決できますが、唯一、文法が分からない人だけがライティングができません

このことを理解できれば、何となく英会話がイケてる雰囲気に惑わされず、英語力を成長させるのに何が必要かが見えてきます。英語ライティングはトレーニング方法の1つですが、もし英会話に伸び悩みを感じたら、やってみると良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語ライティングのやり方は1つではないですし、まずは続けることから始めて、少しずつ正確なアウトプットに取り組めると良いでしょう。

また英語ライティングは、英会話のなんとなく分かった気になる、会話ができている気になる、という何となくの状況を打破して成長していくトレーニングができます。決して難しい文章が必要なわけではなく、簡単な文章でも正確にライティングするというだけなので、初心者の方も成長を加速させるためにぜひ、チャレンジしてみてください。

それではまとめます。

 

英語ライティングのやり方3選

・お手軽かつ気楽にできる英文日記で、まずは文章を書くことに慣れていこう。
・慣れてきたら英文を添削してもらい、正確さにこだわったアウトプットをしよう。
・英文チャットで実際に外国人の友達を作ってやり取りしてみよう。難しい文章は必要ないので、文法さえ分かれば初心者でも楽しくチャットが可能。

 

英語ライティングの大事な注意点

・英会話は雰囲気でごまかせることもあるが、英語ライティングではごまかしがきかない。スペルや単語は知らなくても調べられるが、文法は知っておく必要がある。

 

実際にチャットしてみると分かることですが、英会話と同じで皆わりと間違いながらチャットしています。完璧な文法でなければ英語のライティングができないわけではなく、自分なりに分かる範囲の文章を書いていれば意思疎通はできます。

正確さへのこだわりは、自分で設定する成長のハードルと言えます。英会話では忘れがちなところを英語のライティングが思い出させてくれますので、少しでも取り入れてみてください。

コメント

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン