オンライン英会話の9つのメリットと5つのデメリットを徹底解説

こんにちは!English24(イングリッシュ24)です。

オンライン英会話に興味があるけど、やろうかどうか迷っている方はメリットとデメリットを検討してみましょう。自分の状況によって、視点が変わればメリットとデメリットが入れ替わることもありますので、そのあたりも踏まえて9つのメリットと5つのデメリットを詳しく解説します。

💡この記事で分かること

・オンライン英会話の大きな3つのメリット
・良い点もたくさんあるが、条件によっては変わってくる6つのメリット
・オンライン英会話の5つのデメリットと回避方法

この記事を書いている筆者は、フィリピン在住5年、語学学校勤務3年の英会話講師兼アドバイザーです。数百人の留学生やオンライン英会話の受講生の指導をさせていただきながら、彼らと向き合ってきた中で得た知識と経験を元に、最新の科学論文に基づいた根拠を交えてお伝えします。

 

オンライン英会話の9つのメリット

オンライン英会話のメリットは、オンライン英会話ならではの3つのメリットと、基本的にはメリットだけれども条件をよく確認したほうが良い6つのメリットに分かれます。まずオンライン英会話ならではの3つのメリットは以下の通りです。

 

・手軽である
・物理的な場所に縛られない
・アウトプットの機会ができる

 

この3つは、オンライン英会話とオフラインの英会話スクールや留学などを比較した場合、全体に共通してオンライン英会話のほうが有利と言い切れるメリットになります。まずはこの3つについて詳しく解説していきます。

 

オンライン英会話は手軽である

オンライン英会話の決定的なメリットの1つが手軽であるということです。一言で手軽であると言っても、以下のように色々と具体的なメリットが出てきます。

 

・どこかに通う必要がない
・着替えやメイクも適度にできる
・PC・スマホ・タブレットで受講可能

 

リモートワークなどオンラインのメリットを体感した人が多いですが、通勤通学などはかなりデメリットが多いのでこれが不要であるだけでも相当なメリットになります。

またオンライン英会話では、服装や場合によってメイクなどもある程度で良いという人が多く、外国人講師も生徒が自宅などで自由にレッスンを受けていることは分かっているのでこの点でも手軽ですし気楽です。

さらに、PC・スマホ・タブレットでインターネットに接続すればいいだけなので、現代の日本社会ではかなり準備しやすいという特徴もあります。

オフラインで多い様々な制約がオンライン英会話ではなくなりますので、開始までの手間と労力を考えると、かなりやること自体は簡単だというメリットになります。

 

オンライン英会話は物理的な場所に縛られない

オンライン英会話はインターネットさえあれば、あとは公共の場所でもない限り物理的な場所に縛られません。このメリットを以下の2つの視点があります。

 

・生徒がどこにいても良い
・先生がどこにいても良い

 

まずレッスンを受講する生徒は、家でもカフェでも、時には公園などの野外でもインターネットさえ問題なければレッスンができます。そして先生にも同じことが言えるので、自宅でも別の場所でもレッスンを提供できます。

この場所の自由は、先生と生徒の双方にとって非常に自由度の高いスケジュールを可能にします。これは時間の使い方、働き方など、現代社会の生活に非常にマッチしたメリットと言えます。

さらにこのメリットは国境を超えますので、日本国内だけでなく、あらゆる国の人が先生にも生徒にもなることができます。フィリピン人の先生が日本人の生徒に教えることもできますし、インド人の先生が韓国人に教えることもできます。

日本人の英語講師が中国人に教えるということもまったく問題なくできるので、よほど時差があるエリアを除けば国籍があまり問題ではないのがオンライン英会話のメリットと言えます。

 

オンライン英会話というアウトプットの機会ができる

このメリットは、オンライン英会話のメリットというよりインターネットのメリットであり、オンライン英会話のサービスを含め、インターネットに接続することで、日本にいてもいくらでも英語を話す機会を持つことはできます。

日本では従来、日本国内にいると英語を使う機会はないと考えられていて、オフラインの世界でもいまでもそうかもしれません。しかし、日本に住んでいる人が台湾人と英語で仕事の話をし、フィリピンの友達に電話をし、中国のオンラインイベントに参加する、といったようなことが今は可能です。

もし今日本で英語を使う機会がないと思っている人がいたら、それは単なる思い込みなので、今英語ができる自分だったら何をするかを想像してみてください。自分が英語と日本語を同じレベルで使えるとしたら、YoutubeでもSNSでもかなり英語の情報に触れて、外国人の友達と日本にいながらにして普通にコミュニケーションをしているはずですし、英語を使う仕事もかなりすると思います。

これは実はすでにそうなっていて、今英語ができないのであれば、こういった行動が自分の生活の選択肢に入ってこないだけです。できるようになってしまえば、使う機会が今の日本にはたくさんあります。

オンライン英会話は、この日常的な英会話の機会を自分の生活に取り入れ始め、学習を継続しながらやっていく時に非常に便利です。オンライン英会話をやる時だけ、インターネットでつながるという感覚だとこのメリットは薄く、インターネット上のつながりも含めて自分の日常として捉えていれば、日常生活の中に英語のアウトプット機会があるという大きなメリットになります。

 

オンライン英会話の条件付きのメリット

オンライン英会話のメリットの中で、オフラインでもやろうと思えばできたり、よく確認しないと違うケースもあるのが以下の6つです。

 

・安い
・時間が自由
・内容が自由
・マンツーマンレッスン
・講師を選べる
・録画できる

 

この6つについて、オンライン英会話のメリットとなる部分と確認したほうが良い注意点について、詳しく解説していきます。

 

オンライン英会話は安い

値段が安いというのがオンライン英会話のメリットですが、オンライン英会話でも高いサービスがあってもおかしくはないですし、講師の国籍などによって値段が変わりますので注意は必要です

オフラインと比べれば物理的な建物が必要ないのでコストは抑えられて安くなりますが、コーチング形式のものなどはオンラインでもそれなりの値段はします。また、英語を教えるのが上手い人気講師はレッスン費用が高くなることもありますし、上手いか下手かは関係なくネイティブ講師というだけで高いとか、フィリピン人講師というだけで安いということも起こります。

また、後の項目でも出てきますが、グループレッスンは安くなり、マンツーマンレッスンは高くなりますので、レッスン形式なども確認は必要です。

基本的にはオンライン英会話は安く、それがメリットではありますが、安いのにも高いのにもそれなりに理由があるはずなので、サービス内容はしっかりチェックしましょう。

 

オンライン英会話は時間が自由

オンライン英解は早朝や深夜でもレッスンを受講できるのが一般的で、場合によっては直前でのレッスン予約が可能だったりと時間的な自由度が高いのメリットです。ですが、これはデメリットになる部分が含まれているので注意が必要です。

自由度が高いというのは、スケジュールの観点から見た場合の大きなメリットになりますが、視点を変えて英語学習の成果を出せるかどうかで考えると、英語学習は長期的に習慣化していったほうが圧倒的に成功しやすくなりますので、直前の予約などに対応していることはメリットではなくなります

早朝であれ、深夜であれ、その時間で習慣的にレッスンを継続できるのであれば自由度というメリットが大きくなりますが、単発で急にレッスンをするという自由度はデメリットになってしまいますので注意してください。

 

オンライン英会話は内容が自由

これも時間の自由と同じく視点によって見え方が変わります。

決まった内容をやるものに申し込むのではなく、自分で何の内容をやるかコントロールできるのがオンライン英会話のメリットですが、その反面自分で内容を決めないと漫然としたフリートークだけになって成果が出ないということもよくあります。

内容が決まっていない場合、自分がある程度英語に詳しくて何をどうしたいかという目的や目標が明確であればあるほどメリットになりますが、初心者の方がとりあえずやってみようという場合にはデメリットのほうが大きくなります。

ただし、サポートがしっかりしているオンライン英会話では、学習アドバイスなどでどうすればいいか教えてもらえることもありますので、一概にメリットともデメリットとも言い切れず、どう活用すればいいか分かっている人にとっては自由度がメリットになる、といった感じです。

このあたりは自分のレベルや目的・目標、オンライン英会話で何をしたいのかということがあるかないかでかなり変わってきますし、サービスの中で相談できる人がいるかどうかも大事ですのでチェックしてください。

 

マンツーマンレッスンが基本

オンライン英会話は、ほとんどの場合マンツーマンレッスンが基本であり、グループレッスンはあまりありません。マンツーマンレッスンは、それ自体にはメリットもデメリットもありますので、それを理解して使っていけば良いことになります。

基本的にはマンツーマンレッスンが最も高い効果を出せるのは、英語学習においては発音やスピーキングになります。これらを個別にチェックしてもらうのはマンツーマンレッスンの大きなメリットですし、スピーキングにおけるアウトプットの量も断然多くなります。

一方で単語の暗記や文法の理解などは、マンツーマンレッスンでも良いですがグループレッスンでも問題ありません。グループレッスンにもメリットとデメリットがあり、仲間ができたり、あるトピックに対して自分の意見を発表する機会になるなど、こちらも使い方次第です。

初心者の方には難しいですが、英語学習そのものに詳しくなれば、何を自習して、何をマンツーマンレッスンでやるか、などを自分で組み立てられるようになりますので、少しづつ把握できるようにしていきましょう。

より詳しいメリットとデメリットについては、英会話でのマンツーマンレッスンの良さをまとめたこちらの記事を参考にしてください。

 

 

オンライン英会話は講師を選べる

オンライン英会話では講師を選んで予約できるものが多いですが、これにもメリットとデメリットがあります。選べること自体は端的にメリットと言えますが、選ぶ知識や基準がない人にとっては迷ってしまって時間の無駄になりデメリットにもなります

一番良いのは講師についての相談ができる場合で、選択肢があった上でどうすればいいか相談もできると、ベストパートナーになる講師のレッスンを受けられます。講師も細かいことまで相談できるかどうかは、サービスによりますのでチェックしてください。

また、毎回同じ講師を選ぶことができればメリットになりますが、毎回変わるとしたらデメリットになりますし、完全に毎回同じという中にもレッスンのマンネリ化や慣れすぎるなどのデメリットが存在します。

適切な形の講師選びは実はけっこう難しく、自分にとっての心地よさと英語学習の成果を出すための方法が異なる場合もありますので、そのあたりも含めて相談できることがベストと言えます。こういったことの理解については基準が大事で、自分の目的や目標、現在のレベルによって変わってきますので、自己理解のための情報収集も同時におこなっていきましょう。

ここまでにメリットを活かすには英語学習の目的が大事ということが多々ありましたが、もしまだ明確に見えてない方はこちらの記事も参考にしてください。

 

 

録音による復習が可能

このメリットはオンライン英会話だけでもなく、オフラインでも録音や録画をしてレッスンの記録を取ることはあります。ただオンライン英会話の場合は、ボタン1つで非常に手軽にレッスンを全て録画しておくことができるので、そこは大きなメリットになります。

注意点としては、録画できるといっても許可が必要な場合もあれば、自動で録画するのがデフォルトの場合もありますし、録画データをもらう必要があるのか自分でも取れるのかなど、色々なパターンがあるのでそこは確認してください。

いずれにしても録画自体はメリットがたくさんあり、特にレッスンで習った発音など音の確認や、自分のスピーキングを自分で客観視するなどの場合には明らかに有効な手段になりますので、十分に活用できるようにしましょう。

 

オンライン英会話の5つのデメリット

オンライン英会話にはたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。大きくは以下の5つのデメリットになります。

 

・継続が難しい
・講師の質のばらつき
・講師選びと予約の手間
・回線状況によるストレス
・仲間作りの難しさ

 

これらのデメリットも、メリットの時と同じく視点を変えれば実は良いこともあったりします。ただし一般的に英語学習の成果を出す上ではデメリットとして語られますので、そのあたりを解説していきます。

 

継続が難しい

オンライン英会話のメリットである手軽さや自由度の裏返しではありますが、手軽で気楽で簡単な一方で、強制力がないものはよほどの目的意識がないとなかなか習慣化もできず、挫折に至ってしまうこともあります

そもそも自由度が高いと、やりたいことしかやらなくなったり、緊張感や厳しさもないので成長が難しくなります。成長の実感が薄くなったり、成長するまでに時間がかかりすぎるようになると、途中で諦めてしまうことになりやすいです。

ただでさえ、基本的に英語学習は長期的な取り組みになるのが普通ですので、この点はオンライン英会話のデメリットと言えます。継続して習慣化するための情報を集めて、うまく自分をコントロールしていくことを第一優先にレッスンをしつつ、成果を出すためにやったほうが良いことは自分の自由意志で自分の成長のためにやる、というようにしていくことでこのデメリットは解決できます。

英語学習の成長と習慣化についての情報はしっかりと集めていきましょう。

 

講師の質のばらつき

オンライン英会話では講師にばらつきがあるということがデメリットとしてよく語られています。オンライン英会話というよりは、単に講師と生徒をマッチングするだけの予約サイト運営サービスのような場合は、確かに注意が必要だと思います。

オンライン英会話の黎明期においてはこのようなケースは多かったかもしれませんが、最近はこういうケースは減っていると思います。ですが、講師の質のばらつきが完全に是正されるということもありえず、これはオンライン英会話だけのデメリットではなくオフラインでもありえることですが、オンラインのほうが多く感じると思います。

現代のオンライン英会話において講師の質に多少のばらつきがある場合、問題は生徒と講師のマッチングを最適化するということになります。もし生徒が自分で講師の情報をかなり探さない限り分からないのであれば、手間と労力がかかりすぎてしまいますし。そしていざやってみたら講師がダメだったということが起きます。そこから英語学習そのものも挫折というパターンになってしまう可能性すらあるでしょう。

これを回避するためには、サポート体制として自分に合った講師を数人推薦してもらうなど、アドバイザーがいてカウンセリングを行い、適切な講師選びも手伝ってくれると良いです。こうして事前に生徒と講師のミスマッチをなくすことができれば、このデメリットに対処できます。

 

講師選びと予約の手間

オンライン英会話の中には、特定の目的にフォーカスして達成するためのカリキュラムから講師のトレーニングまで行っているようなところもあれば、生徒の自由度を最重要視してカリキュラムは特に定めず、ニーズに応じて様々な講師をたくさん用意しているところもあります。

講師を選ぶ時にあまりに講師の選択肢が広すぎると、自分のやりたいことに合っている講師を探すのも一苦労ですし、当然ながら手応えのないレッスンをしている期間も出てくるでしょう

フィリピン人講師が多数在籍しているようなサービスでは、厳密に言うと自分に合う講師を見つけられないということもありえます。そしてさらに、大規模なサービスの人気講師となるとレッスンの予約を取るのも一苦労で、希望の講師の予約枠が全て埋まっていることも多いです。そうなるとやる気が削がれたり、妥協したりといったことが続くうちに英語学習そのものに挫折してしまうことも起きてきます。

この講師選びとレッスン予約は自由度が高いことの裏返しとしてのデメリットであり、自由度が下がると意外とストレスなくむしろメリットに感じることもあります。前項の講師の質の問題とも似てきますが、サポート体制やアドバイスで講師選びの選択肢を絞り、予約については自由度を多少削ってでも、毎週同じ曜日の同じ時間にまとめて継続的なレッスン予約を入れてしまえるようなサービスのほうが、案外良いということもありますので検討したほうが良いです。

 

回線状況によるストレス

これは端的なオンライン英会話のデメリットですが、回線が不安定なことでレッスンに支障が出る場合があります。オフラインであればこのデメリットはありませんが、オフラインはそもそもその場所に行かなければいけないということがありますので、通うことのストレスがない分、オンライン英会話では回線に悩まされることになります。

フィリピンのような発展途上国では特に問題となる場合が多いと思いますが、日本でも自分の回線が弱いこともあれば、普段と違う場所でレッスンをしようとしたら回線スピードが遅すぎた、というようなこともあります。

この点は通常、規約などでルールが定められていたり、推奨環境などが明示されていたりするのでチェックしたほうが良い項目です。

 

仲間作りの難しさ

オンライン英会話のメリットとして、自宅で1人で手軽にマンツーマンレッスンを受けることができるという一方で、英語学習を一緒にやるような仲間が生まれにくいというデメリットも存在します

仲間がいること自体にも、メリットもあればデメリットもありますが、1人で家で黙々とやることが得意な人と苦手は人がいるのは事実で、後者の場合はこれが大きなデメリットになるかもしれません。

仲間がいることで続けられる人もいれば、仲間がいることでサボる人もいますし一長一短です。自分の性格をよく分析してみることが大事ですので、どちらのほうが向いているかを考えてみましょう。

オンライン英会話といっても、オフラインの店舗型スクールの中でオンラインコースが設置されているようなところもあり、そういうところではうまくいいとこ取りができれば、このデメリットは解消できるかもしれません。また、グループレッスンの選択肢がある場合や、レッスンとは別で大人数で参加するようなイベントを定期開催しているという可能性もあります。

このあたりは一度調べて、自分にあったものを選択できると良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オンライン英会話にはたくさんのメリットとデメリットがあり、それは視点を変えれば見え方も変わってくるものです。視点の変化とは、自分の目的や目標、また自分のレベルなどでも変わってきますから、全てのメリットやデメリットを鵜呑みにせずに、確かめてみてください。

それではまとめます。

 

オンライン英会話の9つのメリット

・オンライン英会話は手軽である。どこかに通う必要がなく、服装なども自由で、スマホ1つあれば始められる。
・オンライン英会話は物理的な場所に縛られない。生徒も先生も場所の自由度が高く、同時にスケジュールなど時間の自由度も高くなる。
・オンライン英会話というアウトプットの機会ができる。日本にいても日常の中でに英語のアウトプットをする時間を持つことができる。
・オンライン英会話は安い。店舗型のスクールと違ってオンラインは基本的に安い。
・オンライン英会話は時間が自由。自由すぎると習慣化の面では少々問題があるが、早朝や深夜にも対応している。
・オンライン英会話は内容が自由。自由度が高すぎて何をすればいいか分からないこともあるが、目的・目標が明確であればとても使いやすい。
・マンツーマンレッスンが基本。マンツーマンレッスンにもメリットとデメリットはあるが、基本的にはスピーキングのチェックとアウトプット量が増える。
・オンライン英会話は講師を選べる。講師選びの明確な基準があって、ある程度固定で毎回同じ講師のレッスンが受けれればメリットになる。
・録音による復習が可能。オフラインでもできるが、オンライン英会話であれば手軽に録画できて復習などに使える。

 

オンライン英会話の5つのデメリット

・継続が難しい。自由度の高さの裏返しで、自分で決めて習慣化していかないと続かない。
・講師の質のばらつきがある。単に質が悪い可能性もあるが、生徒と先生のミスマッチもよくある。
・講師選びと予約の手間。先生の数が多すぎると選ぶだけでも手間と労力がかかり、さらに人気の講師は予約が取れない。
・回線状況によるストレス。インターネット環境に対する依存度が高い。
・仲間作りの難しさ。仲間にもメリットとデメリットはあるが、普通にオンライン英会話をするだけでは英語学習の仲間は作りにくい。

 

オンライン英会話のメリットやデメリットはオフラインとの比較になります。留学などオフラインの環境を用意することにも様々メリットとデメリットがありますので、検討してくためにも自分の目的や目標といった基準は明確にしていきましょう。

コメント

  1. […] ちなみに、オンライン英会話には様々なメリットとデメリットがあり、日常の中で英語を話す機会を持つだけではありませんので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。 […]

  2. […] オンライン英会話のメリットとデメリットも様々ありますので、詳しくはこちらのまとめ記事をご覧ください。 […]

  3. […] オンライン英会話のメリットは様々あり、こちらの記事にまとめていますので参考にしてみてください。 […]

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン