英会話初心者を抜け出す方法

こんにちは!あなたの今すぐをかなえるイングリッシュ24です。

英会話を始めたばかりの初心者の方は、たとえ一定の基礎力(単語や文法の知識)を持っていたとしてもなかなかうまく話せません。多くの場合、相手の英語を聞いて日本語に訳して意味を理解し、次に話す内容を日本語で考えてから英語訳しようとしますので、手順が多くなかなか英語がスムーズに出てきません。もちろん一定のレベルになってくると、日本語訳を挟まずに英語を英語で理解することができるようになり、会話でもダイレクトに英語を話すようになっていきますが、初心者段階で英語オンリーでのやり取りをすぐに行なっていくのはなかなか大変です。

この記事では、そんな日本語訳が必要な初心者の方が少しでもスムーズに英語のアウトプットができるようになり、またアウトプット量を増やしていく方法について解説します。

 

英語を英語で…は英会話初心者には難しい

日本語訳が必要な初心者の段階においては、何を話すか、という話の内容を会話中に考えていると英語のアウトプットが追いつかなくなる可能性が高いです。たださえ会話中はリスニングと内容の理解だけでも大忙しになるのに加えて、臨機応変に話しの内容までその場で考えてから英語訳して発話に至るまでには時間がかかりすぎてしまい、けっきょくは会話が途切れる形になってもごもごしてしまいます。結果、「なかなかうまく話せない」「どうしても英語が出てこない」という状態に陥ってしまいます。こうならないために英語は英語で理解するんだよ、日本語訳はやめよう!というのはもちろんそうなのですが、それができないから初心者なわけですから、日本語訳をすぐに排除するというのは有効な解決策とは言い難いです。

ここからは、まず初心者の方の英会話のプロセスを理解し、その中で自動化したり難易度を下げたりするポイントをうまく使って、英語のアウトプットに集中する方法をみていきます。

 

初心者の英会話プロセス

英会話を始めた初心者の方の話し方は、大抵の場合以下のようなプロセスを辿ります。

 

 1. 英語を聞く

2. 日本語に訳す

3. 話を理解する

4. 内容について自分の意見を日本語で考える

5. 英語訳を考える

6. 英語を話す

 

このような流れの中で英会話を始める初心者の方は多いと思います。このプロセスの2番と4番をなくすことができれば良いですが、それが難しい初心者はどういうステップで練習していけば良いでしょうか?

 

会話レッスンならではのメリットを活用する

実際の会話と違いレッスンにおいては、講師は生徒のレベルを把握していますから、初心者の方に対してはなるべく簡単な英語で、理解しやすい内容を話したり質問したりしてくれます。イングリッシュ24の講師陣は、特に初心者指導の経験が豊富なプロの講師ばかりですので、リスニングの難易度は少しずつ調節しながら上達していくことができますのでご安心下さい。もちろん上達の過程においては、少し上の難易度にチャレンジすることも大事です。少しずつレベルアップしながら、初心者の壁を超えるまではじっくりと慌てずに取り組むことができます。

 

自分が話す内容をある程度決めておく

初心者の方が能動的に対処できるポイントとして、話す内容をある程度決めておく方法があります。フィリピン在住5年の筆者も初めは会話の瞬発力がなくスムーズに英語を話すことはできなかったので、会話における話題はある程度事前に絞り込み、いくつか考えられる質問などの会話パターンを想定し、それに対して自分が話す内容を決めてから会話をする、ということを実践していました。こうすれば、多少想定と違った会話になっても、予め決めていた内容の単語を少し入れ替えたりするだけで話ができるので、比較的スムーズに英語を話すことができ、完全に停止してしまったり、しどろもどろになって頭が真っ白、といった状態にはならずにすむようになります。話す内容はもう決まっているので、スムーズに英語を声に出すことだけに集中することができます。

 

話の登場人物を決めてしまう

あるいはそこまで詳細に決めずにざっくりとした練習方法として、まずは自分のことを話し、また相手のことを聞くように徹することでも会話はスムーズになります。第3者の話(彼や彼女の話しでHe/Sheを使い3単現のSなども意識した会話)や何らかのお題についての意見(大人の方は特に知識があるので、意見を言うのは日本語でもそれなりに大変)を言うのは、どうしても会話の内容が高度なものになります。それよりも自分のことを話し相手のことを聞く、というのが英語をシンプルに簡単にする1つの方法です。自分が話すときはとりあえず主語は I から始めて、相手に質問するときは Do you ~? や Wh の疑問文を使い主語は常に You になるので、それが決まっているだけでもかなり会話は楽になります。

 

いかがでしたでしょうか?これらの方法をうまく活用していくことで、初心者でも十分に英会話をすることができます。そして、英語を話すことに集中できればアウトプットの量が増えていき、それに伴って少しづつスピーキングが上達し、気がつけば中級者の入り口に立っていることになるでしょう。短期的な結果を求めるのでなければ、どんな人でも十分にできる方法ですのでぜひチャレンジしてみてください。

 

イングリッシュ24でオンライン英会話を始めよう!

無料会員登録はこちらから!

Designed by stories / freepik

コメント

  1. […] 英会話初心者を抜け出す方法、こちらの記事で紹介したスピーキングの方法や、英会話初心者向けインプットの方法、こちらの記事のインプット(考え方)の修正などは、まさに英語学習を進めていく上での理解や考え方の修正です。こういった思考法をうまく活用し、自分が理解できている領域を広げながら、自己コントロールできている感覚の中で英会話を進めていくと学習の継続がしやすく、最終的にブレイクスルーまでたどり着きやすくなりますのでオススメです。 […]

  2. […] 筆者は、その効果については少なくとも初心者の方には非常に大きいと思います。以前にこちらの英会話初心者を抜け出す方法でも書きましたが、英語を英語で……というのは間違いなく大事ではあるものの、初心者の方がいきなり全てを英語オンリーでというのはどうしてもできない方はできないものです。むしろ科学的には、学習の初期段階においては母国語を活用するほうが良いとさえ言われています。 […]

  3. […] 独り言英会話をすること自体に慣れてきたり、そもそも周囲の状況を英語化しても面白くないので興味がないという人もいるかもしれません。そんな時は何らかの会話を想定して話す内容を決めたり、一般的な質問を想定して答えを決めておくような独り言英会話の使い方もできます。自分が話す内容を事前に決めておくことの重要性についてはこちらの記事、英会話初心者を抜け出す方法で書きましたが、この事前準備を独り言英会話で練習するイメージになります。 […]

  4. […] アウトプットも文字と音があり、話せるようになりたいのであれば、文字を離れて音をアウトプットするトレーニングをすることによって英会話が上達します。ただし、何を話せば良いか分からない、興味があるないようじゃないとそもそもインプットもできないなど、スピーキングの訓練に進む前に学習者の心が折れそうなたくさんの壁があります。そのあたりをどうやって乗り越えていくかについてはこちらの記事、英会話初心者を抜け出す方法で書きましたので参考にしてください。 […]

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン