記憶力を高める3つの方法

Designed by freepik / freepik

こんにちは!あなたの今すぐをかなえるイングリッシュ24です。

初心者の方が英語を話すためには、まず単語を覚えることが重要になります。分からない単語は永遠に口から出てはきませんし、聞いても全然分かりません。ここで単語の暗記となった時に、もうすでにやりたくない方もおられるかもしれません。暗記は得意ですか?という質問については、ほとんどの方が苦手です、と回答します。

まずは安心してください。単語の暗記は皆さん苦手です。または少なともあまり楽しいことではないので、できればやりたくない、とほとんどの人が考えています。ですが、冒頭でお伝えしたように必要なことですし、知らない単語は永遠に知らないままです。

やる必要はあるけれども、苦手だしあまり気が向かないとしたら、やり方を変えてみることをオススメします。あまり日本の教育現場では採用が難しいような方法の中で、すでに科学的には効果が証明されている記憶力を高める方法がありますのでご紹介します。

 

記憶に関する最新の科学的研究結果

人間の記憶は他の様々な活動に関わっており、学習の前後または最中にちょっとした工夫を取り入れることでかなり差が出ることが分かってきました。取り入れ方次第で学習の効率はかなり向上させることができますのでうまく使っていきましょう!それでは、いくつかの事例を見ていきます。

 

方法1 体を動かす

Designed by freepik / freepik

運動が記憶力や集中力などのあらゆる面で脳に好影響を及ぼすという研究結果は山ほどあります。ある実験では10分の軽い運動で記憶力が上昇することが確認されています。暗記する場合は机に向かって座ってやるよりは立ってやったほうが良く、立ってやるよりも歩きながらやったほうが効率よく覚えることができます。

自宅でできる単語の暗記は軽い運動とセットで行うようにしましょう。オススメは、一度読んで覚えた単語を、その後に音源で聴きながら足踏み運動をしてみたり、体を軽く上下や左右に揺らす体操しながらやることです。これだけでも暗記というものが変わってきます。

 

方法2 睡眠

Designed by nensuria / freepik

どうせ読んで覚えるのであれば、いつやるか工夫をするのも1つの手段です。睡眠が記憶を整理し助けてくれることも多くの研究から判明しています。暗記は夜寝る前に集中して終わらせてしまうのが効果的です。翌朝の確認テストなどで思い出す作業とあわせて行うとさらに効果が高まります。

翌朝のテストがもう嫌です、という方もいらっしゃると思います。以前にこちらの記事で書いたように、テストは英語を使うという行為の1つに該当して記憶を助けてくれますので、テストでなくても使うようにできれば問題ありません。次の日の午前中にでも英語を使う機会があれば良いので、オンライン英会話を使うのも良い手段の1つになります。

 

方法3 使うこと

Designed by drobotdean / freepik

日々、日常の中で使う言葉は確実に記憶することができます。使えば使うほど、その言葉の重要性を脳が認識して記憶しようとするからです。逆にまったく使わない言葉を記憶にとどめておくのはかなり難しいことになります。

英語を話すために単語を暗記するのですが、その単語を会話の中で実際に話すことが暗記につながります。話すことと覚えることお互いに影響しあいます。学校でいくら習ってもなかなか覚えることができず、暗記が苦手と思い込んでいる人は大勢いると思いますが、使わなければ誰でも記憶はできません。逆に使えばどんどん覚えます。

日本に住んでいて英語を使いたいと思った時、話す機会がないということがありますが、ここでもやはりオンライン英会話がオススメになります。特に2と3でご紹介した睡眠と使うことはセットで、オンライン英会話を継続的に使うことで一気に単語の暗記ができます。

 

ここで紹介した方法は、全て自宅でできますし、どれも非常に効果的な方法です。やり方や考え方をかえてみるというのは重要なポイントです。机に向かって単語の暗記では覚えることが難しく、よし暗記しようと思ったら立ち上がって運動をしたり、寝る前に覚えた翌日に会話で使ってみるということが暗記になります。

日常的に英語を使う機会を作るにはオンライン英会話がオススメです。ぜひ皆さんご一緒に、楽しい暗記のやり方で、楽しい英会話をしていきましょう!

 

イングリッシュ24でオンライン英会話を始めよう!

無料会員登録はこちらから!

Designed by stories / freepik

コメント

  1. […] とはいえやらざるを得ない事実がある中で、この暗記をどのようにして克服していけばいいでしょうか?記憶に関しては以前にも記憶力を高める3つの方法など複数の記事で言及していますが、今回は特に重要な復習についてまとめていきたいと思います。 […]

  2. […] 天才の代名詞の1人といえるアインシュタインもよく独り言を言っていたとか。彼のような天才の特徴的な動作として、独り言を言ったり部屋の中をグルグル歩き回ったり、部屋は雑然としていて片付いていなかったり、といったことが挙げられます。部屋でグルグル歩き回るのは記憶力アップに有効という話はすでに科学的にも多くのエビデンスが見つかっていて、記憶力を高める3つの方法の記事でご紹介しました。部屋が散らかっていて片付いていないのも天才の特徴で有効な使い方がありますが、今回は独り言が記憶や集中力に及ぼす影響と英語学習での使い道をみていきます。 […]

  3. […] この中で特に、1~3については一般的に馴染みがある英語学習の基本です。単語を覚えるのが苦手な方についてはこちらの記事、記憶力を高める3つの方法、復習を最適化!らくらく暗記できる分散学習のやり方、を参考にしてみてください。文法についてはこちらの記事、まずはこの1つだけ!初心者向け英文法、ここから徐々にはじめて下さい。発音については、イングリッシュ24のレッスンの中でガッチリとトレーニングしていただきますのでご心配には及びません。4と5については少し補足説明していきます。 […]

  4. […] 運動が学習のパフォーマンスを向上させることははっきりと分かっています。このサイトでも記憶力を高める3つの方法でご紹介しました。英語ができるようになるだけではありません。仕事でも学校の成績でも、運動を上手く取り入れることで集中力や記憶力、脳のワーキングメモリーなどあらゆる面で大きなプラスの効果が見込めます。ちょっと軽く運動しようか、というのは休憩として受け入れやすく、実践しやすいと思う方も多いと思います。ただ一方で、いったい何分運動すればいいのか?どれくらい激しい運動をするのか?といった心配があるかもしれません。 […]

  5. […] 記憶力を高める3つの方法暗記が苦手という人は多く、記憶力は初心者の方… […]

カンタン1分♫名前と体験レッスン希望日時を送信!
お問い合わせ・体験レッスン
カンタン1分♫名前と体験レッスンの希望日時を送信!
お問い合わせ、体験レッスン